TOP>ニュース > 犬は感情の賢者?セラピードッグが認知症患者の記憶を蘇らせる理由

  • ニュース

犬は感情の賢者?セラピードッグが認知症患者の記憶を蘇らせる理由

「犬は感情の賢者」セラピードッグが、認知症患者の記憶を蘇らせる理由

2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症に!?

▲「セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日」  (真並恭介著/講談社)

2025年には、65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症患者になると推測されています。年齢的にもそろそろ不安なので、最近、認知症予防の本をよく読んでいるのですが、大きなショックを受けたのが「セラピードッグの子守歌」という本。

ドッグセラピーを単なる“癒し”ではなく、認知症患者に対する“治療方法”として活用し、10年間で400以上の個別ドッグセラピーを行ってきた「介護高齢者ドッグセラピー普及協会」(岡山県)の活動を、4年間にわたり密着取材した本です。

前半では、セラピードッグとのふれあいによって、認知症の症状が改善した多くの奇蹟のような事例が紹介されており、後半では脳科学・医学の視点からドッグセラピーを徹底検証しています。

弱さは、セラピーにおいてはむしろ強みとなる

目からウロコのお話だらけだったのですが、私が特に印象的だったのは、2002年にアメリカから日本にやってきた2匹のセラピードッグ、スウィートとジャスティンのエピソードです。

スウィートは明るく快活で人なつっこく、ゴム風船を使ったバレーボールが得意。スウィートがいるとその周りに笑顔と歓声の輪が広がり、気が付くと患者さんたちは、スウィートを撫でるために、動かしにくかった手足を動かすようになっていました。

まさに、セラピードッグの鑑(かがみ)のような犬です。

一方、ジャスティンは、引っ込み思案で警戒心が強く、ビクビクしてばかり。

「セラピードッグとしてはどこか欠陥があるのでは」と職員の方々に思われ、アメリカに送り返すことも検討されていたそうです。

しかしある時、ジャスティンを抱きながら子守歌を歌い始めた患者さんを見て、その考えが大きく変わりました。その人は症状がどんどん進んで問題行動が多くなり、家族も職員も目が離せないほどになっていたのですが、子守歌を歌っているその表情は、優しいお母さんの顔に戻っていたのです。

また90歳近いデイケア利用の女性がジャスティンに、こんなことを言っているのも聞こえました。「あんたなぁ、外国からこんな暑いところへやって来て大丈夫かなぁ、体が弱いのにのう。あたしゃ、明日も来るからよう」

職員の方々は、スウィートのように元気な犬が病気の人に元気を与えるのがドッグセラピーだと思っていました。でもジャスティンの持つ“弱さ”は、セラピーにおいては心の壁を乗り越えて、親密な信頼関係を築くための強みだったのです。

守らなければいけない誰かがいること、自分が誰かのために必要な存在なんだと思えることの大切さ、ドッグセラピーの本質を、職員の方々はジャスティンから教わりました。そこから認知症に対する個別セラピーの方法の探求が始まったそうです。

犬は、人間を信じて、ずっと待っていてくれる

2頭のセラピードッグの活動で、いち早く結果がもたらされたのが、「(脳卒中の後遺症などによる)失語症の改善」でした。言語聴覚士による言語訓練はかなりつらく、あきらめてしまう人も多かったのですが、セラピードッグがいると、効果が抜群に高かったのです。

言葉に障害がある高齢者は、相手が聞き取れないと、もう自分からは積極的に声をかけなくなります。でも犬が相手だと「待て」「お手」など命令口調で発しやすい短い言葉がたくさんあり、人間相手と違って聞き取れなかった時の気まずさもありません。

何より、話しかけてくれると信頼して、じーーっと目を見て待っていてくれる。それは人間には真似ができないことだったのです。

10年間リハビリを続けていても機能が回復しなかった男性が、ジャスティンを撫でていると麻痺した手が大きく動き、ついには趣味の絵を描くことができるようになった例もあります。

会話がほとんどできず、数分前のこともすっかり忘れているような人が、犬の名前はおぼえ、犬とは会話をし、次に会える曜日を記憶する。
こうした例は数えきれないほどあるそうです。

人間を理解する能力は、人間より犬のほうがすぐれている

 

後半では、こうした奇蹟のような例に対して、専門家がさまざまな考察をしています。

認知症の人は現在の記憶よりも過去の記憶に支配されるため、徘徊などの行動をとったりします。それを周囲の人は問題行動ととらえて制限してしまいがちなのですが、その人の中では自然な行動であり、その人の中の“真実”を理解することが大切なのだそうです。

そして、認知症の方々の内面を理解するのは、人間よりも犬のほうが上手だというのです。「臨床医が語る脳とコトバの話」(日本評論社)の著者である岩田誠教授は、こう語っています。

「その人個人を理解するという点では、人よりも犬ほうがすぐれている。本当によくわかる。」

「人間は、自分の知識で判断しようとする」

「犬は、人間が怒っているとすれば、なんで怒ってるのかと考えるのではなく、その怒りを和らげようとする。喜んでいるとしたら、もっと自分も喜び、一緒に喜ぼうとしてくれる。それがケアだよね。だから、ドッグセラピーはいいんだと思う。犬はそれができる動物でしょう」

この本の帯に書かれていた「犬は<感情>の賢者」という言葉が、本を読み終えると、しみじみと沁みてきます。このセラピー犬の存在をもっと多くの方が知り、幸せな老後のために役立てられるようになって欲しいと、心から思いました。

文・桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【獣医師監修】コロナで忘れていませんか?大切な狂犬病接種のこと (10.30)

  • ニュース

異常があると通知する犬猫用活動量計「プラスサイクル」 (10.28)

  • ニュース

ドーン!!我が家の犬の自撮りが下手すぎ(笑) (10.27)

  • ニュース

いつも一緒だよ。ともに旅をする犬と猫 (10.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る