TOP>ニュース > 虐待を受けた子どもに寄り添う「付添犬」を知っていますか?

  • ニュース

虐待を受けた子どもに寄り添う「付添犬」を知っていますか?

虐待や性被害を受けた子ども達へ。司法の場に付き添う犬で安心を

日本介助犬協会は新たな取組みである付添犬の活動のため、9月1日よりクラウドファンディングで育成費を募っている。

育成費の一部費用として150万円を目標としていたが、早くも開始4日目には見事目標を達成することが出来た。プロジェクトのページには「素敵な取組だと思います」「傷ついた子供達に、犬の優しさが届いて欲しいです」などたくさんのメッセージが届いており、同協会はネクストゴールとして育成費の残りとして300万円を目指して協力を呼び掛けている。

 

付添犬とは

付添犬とは、虐待や性被害を受けた子どもが、安心して自分の受けた出来事について、司法関係者や医療従事者などに伝えられるよう手助けをする犬ことをいう。被害を受けた子どもにとってこの伝えるという作業は、とても勇気のいることで、強いストレスを伴うが、子ども達の気持ちが少しでも安らぐように、司法の場において正確に話すことができるように、付添犬は子どもたちに寄り添う。

関連URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=54&v=bl9auJpBg5Y&feature=emb_logo

※アメリカでは248頭ものコートハウス・ファシリティ・ドッグが実働している。(2020年7月時点)、日本では2014年より児童精神科医、弁護士、獣医師、研究者が中心となり、アメリカのCourthouse Dogs Foundation®(コートハウス・ファシリティ・ドッグの普及啓発を行う組織)と連携し、日本の現状に即した付添犬制度の確立を目指し活動を進めている。

日本介助犬協会の活動と想い

日本介助犬協会は、介助犬育成以外にも公益的な活動として、犬たちの個々の特性を活かして一人でも多くの方を笑顔にしたいと「人にも動物にもやさしく楽しい社会をめざして」様々な活動に取り組んできた。今回、虐待を受けた子供の支援をワンストップで実施する「NPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐ」から事業協力依頼があり、付添犬及びハンドラー派遣に向けて協力を開始した。

新型コロナウイルスによる影響で介助犬イベントや講演会はほぼ無くなり大幅な収入減となる中、こんな状況だからこそ、犬という素晴らしい動物を介して一人でも多くの人を幸せにしたい。少しでも子どもたちに安心を届けたい…と、付添犬の活動が始まった。

クラウドファンディング詳細

期間:~10月30日(金)23時
ネクストゴール:300万円/育成費の残りの費用として
プロジェクトWEBサイト:https://readyfor.jp/projects/tsukisoi

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬は感情の賢者?セラピードッグが認知症患者の記憶を蘇らせる理由 (9.18)

  • ニュース

キウイはマタタビ科!猫はキウイで酔っ払う? (9.17)

  • ニュース

犬に散歩って必要なのかという話 (9.17)

  • ニュース

パナソニックから健康状態を可視化する 「小動物ヘルスケアデバイス 」 が登場 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る