TOP>ニュース > 地球上のあらゆる犬の中でもっと速い犬って?

  • ニュース

地球上のあらゆる犬の中でもっと速い犬って?

犬は猫より断然速い!犬種によっては時速70キロにも達するその走り

犬のオブジェ

地上に暮らすほ乳類の中で、もっとも速く走れるのがチーターである。
その最高速度は最大130キロ。
加速力も抜群で、走り出してからものの数秒で時速100キロに達する個体もいるという。
これほどの脚の速さを見せる生き物は他にはいないものだ。

しかし、一方で私たちに身近な存在である犬だって、どっこりかなりの健脚を持っているのだ。
以前猫の脚の速さについて説明するコラムを書いたばかりだが、今回はその犬バージョンである。

犬の平均時速は50キロ。猫に相当する速さ…

犬のレース

まず、本題に入る前に猫の脚の速さについて軽く触れておきたいんだけど、およそ時速50キロとされている。
では犬の場合はどうか。
犬種によって体格差もあるので一定はしないものの、犬全体の平均的な全力疾走時の時速は、こちらも50キロ。
犬も猫も、脚の速さ自体は同格のようだ。

ただし猫の場合は三次元的な移動ができるので、追いかけっこになったら高所に逃げるなどのズルをすることも多い。
このため、よりテクニカルな走りを見せるのは猫のほうかも。

世界最速はグレーハウンド!

足が早そうな犬

さきほど、犬種によって体格に違いがあり、脚の速さも一定しないと触れたばかりだけど、では一番脚が早い犬種とは? という疑問が生じることだろう。
これについてはもう明確に答えが出ている。

現状、地球上のあらゆる犬の中でもっとも脚が早い犬。
それはグレーハウンドである。

原産地はイギリス。
かなりスタイルが良く、スラッと伸びた四肢はいかにも猛スピードで走りそうな見た目だ。
元々猟犬として重宝されており、うさぎなどを追いかけて仕留めていたという。となると、脚が速くないとそもそも成り立たないお役目だ。

その全速力時の最高速度は70キロ。
個体によってはもっと速く走ったという記録もあるので、まさに犬界のスプリンターと言っても間違いはないだろう。

おわりに

ちなみに、脚の速さにばかり注目してきたが、犬の魅力は実にさまざま。
中には、脚の遅さがかえって可愛く見える場合もあるだろう。

犬界最速がグレーハウンドなら、一番遅い犬は何なのだ? という疑問に対しては、大雑把ではあるけど「小型犬はやっぱり脚が遅い傾向にあるよ」と答えておきたい。
体が小さければそれだけ脚も短い。
速く走るための体ではないのだから、当然小型犬全般の走るスピードがさほどでもないのは、これは当然の話である。

だけど、ワンちゃんは脚が速くても遅くてもみんな最高にかわいいので、全く問題ではないのだ!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と行けるランチスポット「ビーチサイドカフェ鴨川」 (11.30)

  • ニュース

大雨の結婚式に現れた泥だらけの野良犬 (11.30)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その9 (11.30)

  • ニュース

めっちゃ巨大な秋田犬に肩叩きされる女性が羨ましい。 (11.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る