TOP>ニュース > 猛暑の中、苦しんでいる犬を見つけたらどうすればいいの?

  • ニュース

猛暑の中、苦しんでいる犬を見つけたらどうすればいいの?

猛暑の中、苦しんでいる犬を見つけたらどうすればいいの?

以前、PETomorrowでもご紹介した映画「僕のワンダフル・ライフ」を覚えているだろうか。特に映画の序盤である二人の出会いのシーンを。

暑い車の中に放置され、その暑さからよだれを垂らし瀕死の状態であったベイリーを、少年イーサンと彼の母親が窓を割って救出したのが最初の出会いであった。

では、もしもみなさんが同じような状況に遭遇したらどうすれば良いだろうか。映画では「車の窓を割る」という大胆な行為だったが、さすがにそれは憚られる。でも「暑さで苦しんでいて、今救わなければ死んでしまうかもしれない…。なんとかしなければ!」という気持ちに多くの人はなるのではないだろうか。

このような場合、日本では何ができるのか。「小さな命を救いたい―アメリカに渡った動物のお医者さん」や「Saying Goodbye―Dr.ゆう子の動物診療所」などの著書も数多く出版されており、また日本における動物愛護、動物虐待問題などに取り組まれている米国在住の獣医師、西山ゆう子先生にお話を伺った。

1.犬が意識不明などの緊急状態ではない場合

管轄の地方自治体の、動物愛護管理行政に電話連絡してください。

動物愛護管理行政担当一覧(環境省)

https://www.env.go.jp/nat…/dobutsu/aigo/3_contact/index.html

場所により、都道府県、市町村など、管轄が異なります。

2.現状を説明し、「自分の犬ではないが、熱中症を危惧する」という旨を明確に伝えてください。すぐに現場に来て、飼い主に注意指導をするよう、要請してください

動物が、熱中症の危険にさらされているのか、どの程度の緊急性があるのか、判断できることが前提です。それゆえ、獣医師免許を持つ職員に来て頂くことが重要です。

3.行政から、「担当のものがすぐに現場に行けない」と言われた場合

あるいは、地方自治体の行政の業務時間外である場合(夜間、土日など)

あるいは、動物が緊急状態である場合、管轄の警察署へ、通報してください。

4.行政および、警察へ通報をする時のヒント

できるだけ、自分の感情ではなく、犬の状態を明確に伝えて下さい。

「意識がもうろうとしている」

「立てない」

「ひどくハアハアして倒れている」

「失神しているようだ」

「異常に流延(よだれを流すこと)している」

など、犬の状態を明確に伝えて下さい。

「とにかく暑そう」「かわいそう」「このままだと死んじゃう」「この家はいつも庭に犬を放置していて、ろくに散歩もさせていない」「せめて毛くらい刈ってあげたい」というのは、自分の感情、意見が入っており、相手に明確に情報が伝わりません。

 5.犬の状態が非常に重篤そうな場合、あるいは、車内放置などの場合

警察に、「緊急状態であり、一刻も早いアクションが必要」と、緊急性を伝えて下さい。

6.自治体によって、警察も行政も、動物愛護法の認識が徹底しておらず、直ちに行動しない場合もあるかもしれません

初めから、「どうせ行政は動かないから」「どうせ警察は来てくれないから」と決めつけず、正当な方法で、いち市民として通報してください。関係機関も、市民の通報から学ぶことでしょう。

日本は、他人が所有しているペットに対して、所有者ではない、いち市民が行動をとることが、まだまだ難しい国です。

しかし、この猛暑の中、飼い主に守ってもらえず、命を落とす例がたくさんあります。

どうか皆さまの小さな努力で、1匹でも多くの動物を救うことができれば、と願ってやみません。

このような場面に遭遇することはそうないかもしれない。いや、このような状況にある子たちが「いない」世の中になって欲しい。しかし万が一、大変な状況にあるペットたちを見つけた場合、この情報が参考になれば幸いである。

その場合、西山先生も仰っているように「感情的にならない」「飼い主への批判的通報にならない」よう、事実を冷静に伝えることが大切だ。

今年はこれまでにないくらいの猛暑である。もの言えないペットたちを守ることができるのは飼い主であり、人間である。全ての飼い主が愛犬・愛猫に快適な生活環境、そして愛情を与え、全てのペットたちが安心して幸せに暮らせる社会となるよう願ってやまない。

文/織田 浩次

協力/米国獣医師 西山ゆう子先生

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫×ポップ&フォークアートBen Lenovitzのアートワーク展が開催中 (9.19)

  • ニュース

犬は感情の賢者?セラピードッグが認知症患者の記憶を蘇らせる理由 (9.18)

  • ニュース

キウイはマタタビ科!猫はキウイで酔っ払う? (9.17)

  • ニュース

犬に散歩って必要なのかという話 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る