TOP>ニュース > 譲渡実績1000頭に到達!ペットのために里親を探すペッツファーストの活動

  • ニュース

譲渡実績1000頭に到達!ペットのために里親を探すペッツファーストの活動

家族のいないペットのために里親を探す活動

譲渡した1000頭のうち、937頭が保健所などから引き取った保護犬や保護猫であり、残りの63頭は里親探し代行サービスによるもの。

d60631-7-440006-6.png

ペッツファーストの保護犬譲渡活動

2013年3月より、保健所や愛護団体などから引き取った保護犬や保護猫たちを店頭で紹介し、里親を探す活動を行っている。

これまでに936頭を国内の里親に、1頭を海外の里親に譲渡しており、その活動の経過は、定期発行している『保護犬譲渡活動レポート』によって社員や客に発信されている。

保護犬譲渡活動レポートのメイン記事である「里親さんインタビュー」は、実際に保護犬を迎えた人の体験談を伝えることで、保護犬についての理解を深めているコンテンツになっている。また、FacebookやInstagramを通して保護犬たちの性格や特徴、店に来る前の様子も紹介しており、活動自体の透明性の担保にも努めている。

d60631-7-546485-5.jpg
[写真]保護犬譲渡活動レポートvol.6

不幸なペットを生まないための「里親探し代行サービス」

ペットを販売する会社として、ペットショップで家族と出会った子犬・子猫たちが保護犬・保護猫にならないような仕組みを作ることも、重要な使命だと考えているようだ。

そのため、ペッツファーストの店で子犬・子猫を迎える人が様々な事情でどうしても飼育できなくなってしまった場合、その人に代わってペットをお世話してくれる里親を探す「里親代行サービス」を実施している。

もちろん、一度迎えたペットは最後までお世話をすることが飼い主の責任であり、そのことは店に訪れる人にも伝えて理解してもらっているようだ。

<里親探し活動:年度別累計譲渡数>d60631-7-629318-4.png

活動開始以降、着実に譲渡数を積み重ねている。

今後も家族を求めているペットがいる限りこの活動を続けていくとともに、新たな保護犬や保護猫を生まないよう、責任あるペット販売を実践をする。

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「地雷犬」として訓練された犬…発案した人々に起きた報い (9.21)

  • ニュース

犬を手放そうと思っているなら「犬の十戒」を読むべき。 (9.20)

  • ニュース

犬と一緒に捨てられた男の話 (9.20)

  • ニュース

今宵もガールズトークに花が咲く2人 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る