TOP>ニュース > 犬以下の生活をしていた私が犬と暮らす。

  • ニュース

犬以下の生活をしていた私が犬と暮らす。

虹の橋を渡る日まで

「うちの子、保護センターから来る前は虐待されてたけど、今ホントに幸せそうだよ?」と言われて、ハッとした。犬だって幸せになれるんだなあ。

久しぶりに食事でもどう?って幼馴染のヒロちゃんに誘われて、レストランで待ち合わせた。殴られた口の周りの痣は青から薄い黄色に変わっていたけど、昨夜、寝ている間に切られた髪がチグハグで、彼の暴力は隠しようがなかった。

「うちの子、老人に虐待されていたらしくて、年とった男性が正面に立つとビクッとするんだけど、普段はかなりずうずうしいの、それがまた可愛くて」と、いつも通りの愛犬自慢で、ホッとする。男と別れろっていう、忠告じゃなかったみたい。

「クーラーの一番効く部屋で、一番良いソファーに寝っ転がって、私が帰ってきたぐらいじゃ、起きやしないのよ。食いしん坊で、フードの音がするとすっ飛んでく。あと散歩。散歩命で、リード見せるともう、家中走り回って喜んで、時々おしっこも出ちゃう」

「やだもう、汚いなあ」思わず笑ってしまったが、ヒロちゃんは不思議なことを言うのだ。

「それがさ、汚くないの」と。

「お散歩に行けるのが嬉しくってたまんないって姿を見ていると、おしっこなんて、全然許せちゃうの。犬が悪いことした、って思えないんだよ。汚いなんて感じなくて、こういう素直な失敗がすごく愛しくて可愛いって、感じるの。飼い主はみんなそうだよ。嬉ションしても、叱らない」と言う。

私が彼に叱られるのは私が悪いことをしたからだ。彼に頼まれた買物を忘れたり、静かにゲームしている最中に、テレビをつけたから。殴られたり蹴られたりするのは当然のこと。でも、犬だと悪いことをしても叱られないんだな。

ということは、私は犬より悪い生活をしているんだ、と、ふと思ったら、ドキドキ動悸がしてきた。彼にとって私は、ヒロちゃんちの犬以下ってこと?

胸が苦しくなって、言い訳になった。「私が彼に殴られるのは私が悪いからなんだよ。おしっこしちゃうなんてレベルじゃなくて、出張に持っていく髭剃りを買い忘れたりするようなバカをやらかすから」と、弁解したら、ヒロちゃんは深くうなずいてくれた。

「わかるよ、男の人は髭剃りが無いと困るもんね。でも、なんでそれミキちゃんが用意しなくちゃいけないの?出張の用意なんて、奥さんでもない恋人がするべきことなの?子どもだって、自分の支度ぐらい、自分でするよね?」

「でも、買っておいてって頼まれたら普通、忘れないじゃない?私って本当にバカだから。それに、髭なんて無いから、忘れちゃうんだよねー」と、最後の方は冗談のつもりだったのに、ヒロちゃんは真剣に同意してくれる。

「そうだよ、私たち、髭なんてないから、うっかり買い忘れても仕方ないんだよ」

「じゃあ、私が悪いんじゃないの?」

「ミキちゃんは、全然悪くないよ」

私はヒロちゃんちの黄色い大きな犬を思い出しながら、頭がクラクラしてきた。おしっこを漏らしても叱られない犬。安心できる快適な部屋の中でのんびりくらして、大好きな散歩と食事を生きがいに楽しく暮らす犬。犬の生活に比べると、私の今の生活は地獄みたいだ。

彼の顔色を窺い、彼の気分で殴られる。自分の好きなことは何ひとつできない。昨夜はヒロちゃんと食事に行くって言ったらキレて、夜中に髪を切られた。でも、とっても優しい時だって、ある。

「ひどい男だけどさ、ヒロちゃん、私、彼を愛してるんだよね」

「うん、わかるよ。でも、それは、愛情じゃないよ。うちの子が散歩前におしっこしても、“そんなに嬉しかったんだ!良かったね”っていっしょに喜んで、虹の橋を渡る日まで、思う存分、めいっぱい喜ばせたい、もっともっと幸せにしてあげたい、って思うのが、愛情なんだよ。

愛があったら、殴ったり蹴ったり、相手を苦しめるようなこと、できないんだよ。

それがわからずに殴ってしまう彼も、辛いんじゃないかな。二人とも不幸なら、彼のために、ミキちゃんの方から離れてみたら?

実家に帰るのが嫌なら、うちに来ない?髪が伸びて顔の痣が消えるまで、犬と一緒に暮らさない?」と強く誘われた。

犬以下の生活をしていた私が、犬と暮らす。犬に学んで、人生が変わるかもしれないと、漠然と感じている。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ニコー!こっちまで幸せになる犬の笑顔12選 (9.23)

  • ニュース

「地雷犬」として訓練された犬…発案した人々に起きた報い (9.21)

  • ニュース

犬を手放そうと思っているなら「犬の十戒」を読むべき。 (9.20)

  • ニュース

犬と一緒に捨てられた男の話 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る