TOP>ニュース > 散歩を拒否して「置物」になった柴犬はこうやって運びます

  • ニュース

散歩を拒否して「置物」になった柴犬はこうやって運びます

「置物」になった柴犬の運び方

今年もお盆の時期がやって参りましたが、今回、由緒正しきお寺のご住職から有難いお言葉を頂戴いたしました。

そうです。散歩を拒否したワンちゃんの運び方です。

「行かぬをする柴犬をこうやって運ぶと最高です」

心に染み入るお言葉、ありがとうございます!


住職と触れ合う柴犬様も、


どことなく厳かで可愛い♪

堂々たる姿で運ばれているのは岐阜県関市のお寺『千手院』(@senjuin1010)の柴犬せんちゃん。おっとりおとなしめな6歳の女の子です。


でも散歩キライ?

散歩を全力で拒否し、抱っこされる姿が22万いいねを呼び込んだ柴犬せんちゃん。

あまりにも気になったので、せんちゃんを輸送していた橋本住職にお話を伺いました。

–せんちゃんの抱っこの頻度は?

「毎日、朝夕散歩しますが散歩コース上のある特定の場所で大抵「行かぬ」をされますので、

そのポイントを脱する間は結構な頻度で抱っこしています」


抱っこも修行の一つか!?

–抱っこ中は固まってる?

「自分は抱っこしてるのでせんちゃんの顔が見えないのですが、おそらくあの表情のままだと思います笑。体勢は変わらず、あばれも嫌がりもしません」


あわてないあわてない


ひとやすみひとやすみ

そんなせんちゃんは普段からお利口さんらしく、全く吠えることもなく極めて温厚な性格。さらに初対面の人にもすり寄っていく懐の深さがあるとか。


あざと可愛い女子かもしれない

元々せんちゃんは檀家さんから譲り受けたワンちゃん。橋本住職は幼い頃から犬好きで柴犬一筋。…ということで、住職の「柴犬愛&せんちゃん愛」をたっぷりと語って頂きました!

「せんちゃんは一緒に散歩してても楽しいし、ごはんを食べている所を見ていても和みます。出会った人すべてに懐きますし、体格がちょっと小さ目なのも可愛らしいです。でも一番は…」


ナニ???

「後頭部が香ばしいかほりがしますので、よくクンカクンカして落ち着かせてもらってます」


住職……ステキです♪

洗手院(千手院)ツイッター

@senjuin1010

曹洞宗 大慈山 千手院HP

https://soto-senjuin.com/

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「地雷犬」として訓練された犬…発案した人々に起きた報い (9.21)

  • ニュース

犬を手放そうと思っているなら「犬の十戒」を読むべき。 (9.20)

  • ニュース

犬と一緒に捨てられた男の話 (9.20)

  • ニュース

今宵もガールズトークに花が咲く2人 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る