TOP>ニュース > 犬を飼うと思春期の児童のメンタルが改善する?先生に詳しい話を聞いてみた

  • ニュース

犬を飼うと思春期の児童のメンタルが改善する?先生に詳しい話を聞いてみた

今年6月、あるニュースに目が留まりました。それがこちら。

『麻布大学、イヌの飼育で思春期児童のメンタルヘルスを改善』

https://www.azabu-u.ac.jp/topics/2020/0630_30612.html

麻布大学と東京都医学総合研究所などの研究によると、イヌの飼育をすることで10代児童の心身の健康につながることが明らかに!思春期の子供に多く見られる不登校やいじめ、拒食症などの問題に対し、イヌの飼育が効果をもたらす可能性も見出されたといいます。


ホントに!?

今回詳しい話をお聞きしたく、麻布大学「ヒトと動物の共生科学センター」のリーダー・茂木一孝教授にお話を伺いました。「10代の子どものWellbeing(ウェルビーイング)とは?」「どう接すれば効果があるのか?」など、気になることをお聞きしました。

–この調査を始めたきっかけから教えて下さい

「イヌは家畜化された動物の中で圧倒的に古く、1万5千年〜3万5千年前からヒトと共生しており、そこにはお互いに何らかのメリットがあると考えられます。ヒト側からすれば、おそらく最初は他の肉食動物から身を守ってくれることだったり狩猟の助けになったことなど。でも、その役割がほとんどなくなってからも尚、ヒトはイヌを飼育しています。それはナゼなのか?」

「その謎を紐解く一つとして、これまで私達はイヌとヒトは視線を介してお互いが絆形成や信頼に関わるホルモン『オキシトシン』を分泌し、特別な関係を構築できるようになったことを見出しています。オキシトシンはヒトの心身においても、不安の軽減やストレスの解消、痛みの緩和といった効果があるので、今回はイヌの飼育が多感な時期にある思春期のこども達に対しての効果をみてみようと考えました」

今回行われた調査は主に世田谷区、調布市、三鷹市在住のお子さんとその養育者(主に母親)を対象に普段の生活や健康に関わるアンケート調査と面接調査を実施。700項目以上のアンケートと10歳、12歳児童2584名の回答を解析したといいます。

それでナニが分かったの?

その結果、イヌの飼育をすることで10代児童の心身の健康につながることが明らかになったわけですが…記事を読んで筆者が気になったポイントをいくつか挙げると、

◆ウェルビーイングってナニ?

◆ウェルビーイングの数値が低いとどうなるの?

◆イヌとどんな風に遊べば効果があるの?

キニナル!

あらためて、茂木先生にお聞きしました。

–そもそもウェルビーイングとは?

「身体を始め、精神面・社会面もふくめた“健康”を反映している尺度でWHO(世界保健機関)が定めているものです。明るく楽しい気分で過ごしている、意欲的で活動的に過ごしている、よく寝て気持ち良く目覚めているなどを反映する数値といえます」

–ウェルビーイングは10〜12歳時に低下するそうですが?

「思春期はちょうどウェルビーイングが中年に向けて低下を始める時期といえます。これが低下するということは先に説明したようなことが低下するということ。つまり、精神面・社会面もふくめた“健康”が低下するということです。なので、ウェルビーイングの低下は精神疾患とも関連する可能性はあります」

それをイヌが改善してくれる!

–では、イヌとどう接すればいいのでしょうか?

「これまでの科学的研究から、イヌは他の動物と異なり、ヒトの指差しに反応したり、困ったことがあるとヒトに視線をよこしたりと、ヒトと類似したコミュニケーションスキルをもった特殊な動物だということがわかっています。そのような動物だからこそ、イヌとヒトはお互いが『オキシトシン』を分泌して絆を形成できると考えています」

「お互い特別なことをしなくても一緒に生活しやすく、共生のメリットを享受できる、イヌはそのような動物だということを理解し、しっかりとコミュニケーションをとることを心がければ良いのだと思います。特別なことは必要ないのではないでしょうか」

また、茂木先生は「人間の子供を育てるのと同じように話しかけたり、褒めるときには撫でてあげたり、健康に配慮して愛情をもって接するなど、当たり前のことをすればいい」と仰っていました。

–今回の調査の今後の活用法は?

「今回、やはりイヌの飼育はメンタルヘルスに有用だということが示唆されたので、アンケート調査と細菌叢の関連解析から、ヒトのメンタルヘルス促進に有用な細菌を探索しているところです」

イヌと接することによって、思春期の児童の心と健康によりよい影響をもたらす。

確かにそれは素晴らしい研究結果であり、今後のメンタルヘルスにも大きく役立って欲しいと思いました。

でも…

でも…

こんな一文が…

「ちなみにネコの飼育では同様の効果は認められなかったという」


ネコは…ネコは……今後に期待します。。。

麻布大学 ヒトと動物の共生科学センターHP

https://azabu-chass.themedia.jp/

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

キウイはマタタビ科!猫はキウイで酔っ払う? (9.17)

  • ニュース

犬に散歩って必要なのかという話 (9.17)

  • ニュース

パナソニックから健康状態を可視化する 「小動物ヘルスケアデバイス 」 が登場 (9.17)

  • ニュース

”うちの子にぴったり” をインターネットで!ペットシッターサービス 「ナチュラルシッター」 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る