TOP>ニュース > 「ぼくらはヤケドしてるんだ。」犬と夏のお散歩、実はとんでもない苦痛を与えているかも。

  • ニュース

「ぼくらはヤケドしてるんだ。」犬と夏のお散歩、実はとんでもない苦痛を与えているかも。

犬と生活するということ/ 夏のお散歩編「ぼくらは『やけど』してるんだ。」

「今日も暑いですねぇ。」そんな挨拶が毎日のように聞こえる季節となってきました。

最近は午前中からでも30℃を超える日が多く、テレビなどでも「熱中症対策」という声が聞こえてくることもしばしば。

「気温が高い」ということは、日差しが直接当たっている地面(特にアスファルト)はさらに熱いということ。このことに気づいている人はどれ程いるでしょうか。普段、私たち人間は靴やサンダルなどを履いているために、地面の温度には鈍感になりがちです。しかし、真夏では、アスファルトの地表面温度がなんと65℃まで上昇することもあるのです。そんな中、愛犬と散歩をしようものなら・・・。

愛犬のために散歩しているつもりで、実はとんでもない苦痛を与えているかもしれないのです。

夏のお散歩は「暑くなる前」「涼しくなってから」

天気予報などを調べて、アサンポは「暑くなる前」、そして夕さんぽは「涼しくなってから」するようにしましょう。

お散歩の前は地面を触って暑くないかを確かめて

『手の甲を地面に5秒程度』あて、暑くないかを確かめるようにしましょう。「熱い」と思ったら、お散歩の時間をずらしましょう。

気温が下がっていても湿度が高い時は短めに

湿度が高いと不快に感じたり、息苦しく感じるのは人間も犬も同じ。そんな時のお散歩は普段よりも短めにして、愛犬のダメージを防ぎましょう。

 お散歩のあとは涼しいところで休ませて

お散歩をすると、どうしても愛犬の息はハァハァとパンチングになってしまうもの。それと同時に体温も普段よりも上昇します。お散歩の後は、涼しいところでしっかりと休ませてあげるようにしましょう。

お散歩直後にお水を一気にたくさんあげない

夏のお散歩の後は、「のどが渇いているだろうな。」と、一度にたくさんのお水をあげないようにしましょう。胃捻転のリスクがあります。お散歩には新鮮なお水を携帯し、ときどき少しずつでもあげるようにしましょう。

肉球を舐める時は、すでにやけどをしているかもしれません

お散歩の後に肉球をずっと舐めている場合は、もしかするとやけどをしている可能性があるかもしれません。よく見てあげて、病院で診てもらうようにしましょう。

お散歩は、愛犬と飼い主の絆を深める大切な時間でもあります。夏場のお散歩は、「気温と湿度」、「地面の温度」、そして「愛犬の様子」を普段以上に気にかけて、楽しくお散歩をしましょう。愛犬との絆がより深まること間違いなしですよ。

文/織田 浩次

イラスト・メッセージ協力/kaisei氏(ある犬のおはなし)

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

散歩を拒否して「置物」になった柴犬はこうやって運びます (8.14)

  • ニュース

アニコム損害保険のペット保険が「保険手帳」アプリから加入可能に (8.12)

  • ニュース

さぁプール開きです。小学生みたいに喜ぶコーギー (8.11)

  • ニュース

犬を飼うと思春期の児童のメンタルが改善する?先生に詳しい話を聞いてみた (8.9)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る