TOP>ニュース > 新しい生活様式の導入で、ペットショップがこう変わっている!

  • ニュース

新しい生活様式の導入で、ペットショップがこう変わっている!

新しい生活様式の導入で、ペットショップがこう変わっている!

今、“新しい生活様式”という言葉を頻繁に耳にするようになっている。

新型コロナウィルス禍における外出の自粛解禁後、これまでとは違って三密を回避したり、人混みに入る際どころか、普段からマスクを着用して不要な感染リスクを下げるという生き方。
そのような生活スタイルを指して、新しい生活様式と呼ぶようになった。

実際、今はマスクもせずに外出すると周りの人たちから「あれ? 大丈夫かな?」と心配そうな顔を向けられるようになってもいる。
感染症は目に見えないもの。
この騒動が沈静化するまで。あるいは沈静化して以降も、ある程度このままの危機管理意識が働き続けることだろう。

マスクは装着していると顔が暑いのでしんどいけど、これも仕方のない変化かもしれない。

ところで新しい生活様式の導入は、ペットを取り巻く環境にも既に変化をもたらしている。
ペットショップにも、その波が押し寄せている。

生体とのふれあいにも「待った!」余計な感染リスクを下げる意味でも有効か

マスクと消毒ボトル

ここ数日、飼い猫についての買い物をするため、いくつかペットショップをはしごした。
するとかなりの割合で、新型コロナウィルス対策を起点とした店側の意識の変化が目に見えていたので、ちょっとその例を挙げていきたい。

あるペットショップでは、これまで販売している犬猫が風通しのよい柵の中に展示され、買い物に訪れた人が指でコミュニケーションができるように工夫されていた。
しかし既に人間から犬猫への新型コロナウィルスの感染事例が報告されている手前、このふれあいにもリスクは生じるもの。

そこでこの店では柵を廃止し、その代わりガラスケースを導入して、その中に生体を展示するという変化を見せていた。
これなら感染の可能性も低くできる。良い変化と言えるだろう。

また、大型ホームセンターを覗いてみると、そこのペットコーナーにも変化が見えた。
生体を販売しているフロアでは、“密”を避けるために、同時に5人までしか入れないようになっていたのだ。

犬や猫はついつい多くの買い物客の目に留まってしまう。
そのままでは人で過密しがちだった環境も、この変化によって避けられることとなった。
これを見たときは「なるほどなぁ」と感心してしまった。

ペットショップの新しい営業基準、今後このままマストになるか?

飼い主の帰りを待つ子犬

新型コロナウィルス禍以降、パチンコ店や飲食店の営業の変化についてはよくメディアでも紹介されるようになったところである。
現在(6月9日時点)では、さらにホストクラブが感染拡大の温床になりつつあると、主にニュース番組では警鐘を鳴らされている。

このため、ホストクラブにおいてはこれ以上の感染を防ぐための対処が重視されるようになると思うんだけど、人も動物も、不要な密接は今の時期には出来ることなら避けるべきなのだ。
ペットショップにおいては既に、この手の対策は店側が考えられる限りで実践しているように見受けられた。
だからこの先、メディアによって「ペットショップは危険」なんて言われて槍玉に挙げられることはないだろう。

かなり消毒にも手が入っていたし、何より生体を販売する以上、生体の健康管理がもっとも重視される環境でもあるわけだから。

おわりに

お店の看板猫

そうそう。
我が家の近所にあるペットショップなんて、一時期生体の販売そのものをしばらく中止していた。
ペット用品の販売だけに注力していたんだけど、その間生体コーナーは出入りが制限されていて、その中でもしっかり店員さんがお世話をしていたのが印象的だった。

さらにそのお店にはマスコットとも言うべきオウムがいて、いつもレジでお客さんに愛想を振りまいていたんだけど、ここ最近はレジから離れたところにいる。
これも感染拡大リスクを下げるための、新しい生活様式の一端と言えるだろう。
ちょっと寂しいけど、しょうがない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る