TOP>ニュース > 犬猫SOS宣言!夏にペットとの接触を遠ざけたい虫たちを知っておこう!

  • ニュース

犬猫SOS宣言!夏にペットとの接触を遠ざけたい虫たちを知っておこう!

犬猫SOS宣言!夏にペットとの接触を遠ざけたい虫たちを知っておこう!

日に日に気温が高くなり、我が家の周辺でもいろんな虫が出るようになった。
基本的に少々の昆虫の家屋侵入は大目に見るんだけど、中にはペットたちに害をあたえるものも発生する。

そういう場合はどうにかして遠ざけなければならない。
それもまた飼い主の役目だ。

そこで今回は、夏場になると発生・遭遇しやすい虫と、その対処方法について紹介していきたい。
身近に湧くもの、それも田舎も都会も関係なく発生するものを挙げていくので、是非参考にしていただければ幸いだ。

夏の害虫の王道ノミ・マダニ!

蚊取り線香と柴犬

夏になると増える害虫。
中でも犬猫にとっては厄介な隣人とも言うべき存在がノミやマダニなどの寄生虫である。
どこにでも発生するもので、特に時期によってはちょっとした散歩道でも手ぐすね引いて寄生相手を待ち構えている。

ノミの場合はジャンプで動物の体に取り付くし、マダニは脚を開いて通りがかった獲物に飛びつく習性がある。
血を吸うだけでも厄介だが、最大の問題点は病気の媒介を行うという点。

ノミがもたらす症状でメジャーなものが、アレルギー性皮膚炎。
寄生されることで湿疹をもよおし、犬や猫が激しいかゆみ、脱毛に見舞われる。

被毛の隙間から真っ赤に腫れた地肌が目に付くようになるその様は、見るに痛々しい……。

さらにマダニのもたらす被害は深刻だ。
複数のマダニに吸血されれば成犬、成猫であっても貧血で体調を崩してしまう上に、発熱、痙攣を引き起こすこととなるライム病や、ダニ媒介性脳炎などを引き起こすリスクもある。

これらは特に屋外を散歩中の犬や、外飼いされている猫にとっては自力で防ぎようのないリスクとなる。
犬の場合は頻繁なダニ駆除と、猫の場合は屋外に出さない飼育を行うこと。これをオススメしたい。

その上でもしもノミ、マダニがペットに取りついているのを確認したら動物病院に連れて行って処置をしてもらおう。
特にマダニは素人は引きはがそうとしても頭部だけが皮膚の中に残りやすい。
不衛生なので、プロにお任せしたい。
そのうえで駆除薬を処方してもらうと安全だ。

室内に侵入することも多いムカデ!

便で遊ぶ仔猫

また、暖かくなると生き物の活性も上がり、昆虫が頻繁に民家に侵入する。
体が細く平たいムカデなども、室内への侵入が得意な害虫。

ご存じのようにムカデには毒があり、しかも咬む。
人間ですら咬まれると結構な痛みに苦しむ上に、毒までもらっては犬や猫も可哀想というもの。

幸いにも毒性は大したことはないので命にかかわるほどのケースに発展することは稀。
しかしまだ小さな、幼い犬猫にとっては脅威であることは指摘しておきたい。

ムカデの侵入を防ぐのは、特に戸建てやアパート、マンションの1階に住んでいる方にとっては結構難しい。
なにせ奴らは巧妙に室内に潜り込む天才だ。
そもそも侵入させないために、玄関とドアの間に隙間があれば厚紙を挟むなどして対策することをオススメしたい。
これは意外と有効で、きっちり挟んでおくとムカデもあきらめてくれるし、ゴキブリなどの不快害虫も侵入できない。

欠点は“既に室内に侵入している不快害虫が逃げ出さなくなる”というところだが……。

何にせよ、ムカデの毒については対処療法は確立されている。
そのため、ペットがもしもムカデにやられたら、こちらもまた動物病院でその旨を伝えて処置をしてもらおう。

軒先にも訪れるスズメバチ!

虫に興味を持つ犬

それから、初夏から晩秋にかけては多くのハチが活動する。
我が家でも例年5月初旬からアシナガバチがベランダに営巣しているが、アシナガバチの場合は特定の時期を除いて、そこまで攻撃的ではない。

そのため巣も撤去せずに様子見をしているところだ。
同じくミツバチ、クマバチなども毒針はあるが積極的に人や動物を襲うものではない。

一方で注意したいのがスズメバチ。
毒性が日本でも最強クラスで、毎年国内で必ずこれに刺されて死んでしまう人が出ている。
日本で年間もっとも人を殺している生き物がこのスズメバチであると言われているので、油断してはならない。

また、他のハチに比べると獰猛で集団で襲う傾向にあり、人間にとっても犬猫にとっても明確な脅威と言える。

民家にも営巣するほか、人里に巣を作るアシナガバチの幼虫を狙って襲撃してくる場合もあり、もしもそういう状況に直面したら、ペットたちも被害を受けてしまう恐れがある。

一番の対処は営巣をさせないこと。
スズメバチの巣を見つけたら、専門業者に委託して撤去してもらうのが最善の対処となる。

また、我が家のようにアシナガバチが営巣していたり、ミツバチの巣箱を設けているという世帯などは頻繁にスズメバチが襲撃してくる。
そのためこれらの巣から物理的にペットを遠ざけるなどの手段を講じたい。

そうでなければ、好奇心旺盛な犬は黄色と黒の警戒色でよく目立つスズメバチを追いかけまわしてしまうし、猫などはそもそも動くものを追うため余計に危険だ。
刺されてしまえばこちらもまたすぐに動物病院に搬送したいが、刺されているペットを助けようとして自分もやられないように注意もしなければならない。

さらに毒性が強いため、夜間に刺された場合は緊急の受け入れをしてくれる動物病院に連れて行くことが大事となる。
普段から、近隣で夜でも診てくれる先生を探しておくといざという時に困らないだろう。

ただし、スズメバチはたしかに脅威だがよほど刺激しなければ襲ってくることはそうそうない。
それに、襲い掛かる前にも顎を鳴らして「カチカチ」と警告をしてくる。
この「カチカチ」音を出している間にペットを連れて逃げればそうそう刺されることはない(それでもしばらく追いかけてくるので焦るけど)。

もしも愛犬とのお散歩中に遭遇した場合には、抱きかかえてそそくさと退散することだ。

ちなみに僕は以前、寝たきりの祖父とペットのウサギと、家でのんびりテレビを見ているときに窓からオオスズメバチが入り込んだという経験を味わっている。
逃げ出そうにも祖父もウサギもいるので、意を決して網で捕獲して外に逃がしたが、ばっちり反撃されて刺されてしまった。
スズメバチを刺激してはならない……。

おわりに

夏場は虫刺されなどで苦しむ人も多いものだけど、犬や猫も同じような被害を被ることもある。
危険な虫については被害に遭う前にその存在と、もし刺された場合の対処方法を事前に把握しておくことが大事になるだろう。

そのうえで、そういう虫たちとの接触を避けるために室内に侵入できないように窓を開けずに網戸にするのは有効。
ただし脱走の危険がないように、網戸と同時にフェンスを設けておくなどの一工夫が欠かせない。

またはぶら下げるタイプの虫よけも効果的。これなら蚊も防げる。
ペットショップには犬猫にも安全虫よけが販売されているので、そういったものを活用したい。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ドーン!!我が家の犬の自撮りが下手すぎ(笑) (10.27)

  • ニュース

いつも一緒だよ。ともに旅をする犬と猫 (10.26)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その3 (10.26)

  • ニュース

どのタイプの首輪が愛犬にいいの?犬の首輪の選び方 (10.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る