TOP>ニュース > 悩める“往診難民”に、神サービス登場! 「往診してくれる獣医さん」と出会えるサイト「ジュイクル」を取材してみた

  • ニュース

悩める“往診難民”に、神サービス登場! 「往診してくれる獣医さん」と出会えるサイト「ジュイクル」を取材してみた

PR

求む!超ビビリなわが家の愛猫を往診してくれる獣医さん

わが家の愛猫は保護猫出身のせいか、警戒心が強く超ビビリ。動物病院に連れて行こうとするとストレスで排泄障害を起こし、血尿が出たことも…。そのため怖くて、健康診断にもなかなか連れて行けません。

「家で診てもらえれば、そこまでパニックにはなりにくいのでは」と考え、ここ1~2年ほどよく耳にする往診専門の獣医さんに興味を持ち、実際に取材もさせていただいたこともあります。

取材すればするほど、往診していただけるメリットをとても強く感じたのですが、数としてはまだまだ少ないのが現実。遠方の病院だと交通費も高額になりそうで、頼む決心がつかずにいます…。

「往診に対応してくれる獣医さんを探せるサイト」を発見!

そんな時に、耳寄りな情報が。往診希望日やエリアで、往診に対応してくれる動物病院や獣医師さんを探せるサイト「ジュイクル」が、東京・神奈川・千葉・埼玉限定でスタートするというのです!(6月5日から会員登録受付開始、7月3日から往診予約開始(予定))。 これこそまさに、私が求めていた神サービスでは⁉

いったいどんなサービスなのか詳しく知りたくなり、「ジュイクル」を運営している「ウィズペティ」に取材をしてみました!

「6月5日から事前会員登録が開始 ジュイクルのサイトはこちら

「ペットの診察に伴う時間、労力、ペットのストレスを減らしたい」

取材に答えてくださったのは、「ウィズペティ」の安東雄二郎代表。

私:「ウィズペティ」のサイトを拝見すると、ペットサプリメントの開発・製造販売をされている会社のようですが、なぜ、こうしたサービスを始めたのでしょうか…?

安東代表:理由はいくつかありますが、ひとつは、私自身が2頭の犬のペットオーナーであり、動物病院への受診のハードルの高さを常々、痛感していたことです。2頭ともアトピー性皮膚炎の持病がありまして、時々かゆいところを舐めまくって腫れることがあるのです。そういう時はかわいそうで、すぐにでも病院に連れて行きたいのはやまやまなんですが、私も会社の代表をしていて忙しい身ですし、妻もフルタイムで責任の重い仕事をしており、塾の送り迎えが必要な2人の子供もいます。なんとかどちらかが時間をやりくりして連れて行けても病院で待たされることも多く、移動を含めてなんだかんだで2~3時間はかかります。

私:わかります!半日がかりのイメージですよね。

安東代表:もちろん、ペットにはできるだけのことをして、可能な限り長生きしてもらいたいと思っています。でももし、家に往診に来てもらえるシステムがあれば、移動に伴うペットのストレスも軽減できますし、受診にかかる時間と労力を、ペットのためにもっと有効に使えるのでは、とずっと思っていたんです。

私:なるほど。特に「ペットのストレスを軽減したい」という気持ちは私もすごくあるので、よくわかります。

「医療現場を離れた獣医師の、活躍の場を広げたい」

安東代表:もうひとつの理由は、ペット用のサプリメントの開発のために多くの獣医師さんとお話をする中で、動物医療の現場が今、大きな問題を抱えていることを感じていたからです。

最近は動物病院でも、女性の獣医さんがとても増えていて、頼もしく感じていました。でも多くの女性獣医師さんが子供を産み、プライベートも充実させたいと考えると、動物病院勤務との両立は難しい。子供を持つことを選んだ女性獣医師は、キャリアを積んでこれからますます活躍できるという時に、そのまま動物医療の現場から離れざるを得ないことが多いのが現実です。

私:せっかく苦労して獣医師の資格を得たのに、あまりにももったいないですよね。

安東代表:そうなんです。でも子育て中の女性獣医師の中には、フルタイム勤務ではなく、都合の合う時間の往診なら可能という方も多い。また私は、ペット用のサプリメントのユーザーさんを通して、多くのペットオーナーさんの生の声を聞いてきました。そして予防医療に対する意識やハイシニアの介護のニーズが高まっている今、以前よりももっと幅広い医療が必要とされていると感じていたのです。

ペットの健康問題を抱えているペットオーナー様が必要としているのは必ずしも、手術や検査といった大掛かりな設備が必要なことばかりではありません。予防接種や簡単な皮下注射、皮膚病などのケア、定期的な健康チェックなど、往診でカバーできる分野は、実はとても広範囲にわたっているのです。

私:「この症状が不安だけど、病院に連れて行ったほうがいいのかどうか」と悩むこともよくありますし、そういう時に往診で適切なアドバイスをもらえたらいいな、といつも思っていました。

安東代表:そういう前段階の診断が家庭で受けられれば、動物病院も本当に治療が必要なケースに集中できるので、大きなメリットがあると思います。一方に往診ニーズが多くあり、もう一方に往診に対応できる獣医師が潜在的に多くいるのであれば、双方を結び付けることができるマッチングアプリのようなものがあればいいのでは、と考えました。

「往診可能な獣医師」を、掲示板とリストから選べます」

私:サービスがスタートしたらさっそく利用したいのですが、往診してもらえる獣医師さんを探すには、どうすればいいいんですか?

安東代表:往診予約の方法は2種類あります。ひとつは、「往診掲示板」を利用して、往診希望の日時とエリア、ペットの悩みを掲示板にコメントする方法。するとコメントを見た対応可能な獣医さんからメッセージが届きますので、直接やりとりして、往診予約を確定するのです。


掲示板入力画面

私:飲食店サイトのように、エリア内から病院情報を探して選ぶイメージしか無かったのですが、掲示板で直接やりとりするというのはユニークな方法ですよね。もうひとつは?

安東代表:希望の往診内容、お住まいのエリアなどから往診可能な獣医を選ぶ方法です。こちらは往診サービスの利用者のレビューなども参考にできるようにしていきたいと考えています。


獣医師一覧画面(※サンプル画像)

「掲示板は、相談者同士の過剰な干渉を避けられるシステム」

私:でもいわゆる、ペットの健康相談の掲示板だと、飼育方法をめぐっていろいろな意見があり、荒れたりするということもよく聞きます…。

安東代表:そういった過剰な干渉を回避するために、掲示板への書き込みを閲覧できるのは獣医師だけに制限しています。一方、ペットオーナー様からの相談は登録している全獣医師が共有しますので、複数の獣医師の意見を聞くことができます。その中から、相談内容についてより専門性の高い獣医師、自分と相性のよさそうな獣医師を選ぶことができるのです。

私:これまでも、ペットの健康相談のようなサイトはありましたが、それとはどう違うのでしょう?

安東代表:ペットの健康相談サイトの場合、登録医師のメリットはあまり無いですよね。でもこの掲示板を利用する際には、必ず往診希望の日時やエリアの登録が必要になります。つまり、往診予約前提ですので、それに対応可能な獣医師であれば、顧客を開拓する手間や費用が省けるというメリットがあるのです。

「支払いはサイト内で完結、各種カードや楽天ペイも使えます」

私:サービス開始は6月5日からですが、登録はもうできるようでしたので、登録してみました。登録画面はシンプルで、入力もすごく簡単でした!

私:もうひとついいと思ったポイントは、予約時に各種クレジットカードなどで支払いが完了すること。カードが使えない個人経営の動物病院だと、夜中などの急病時に手元に現金が無くてあせったりすることがあるので、その不安が解消されるのはありがたいと思いました。

安東代表:往診の結果、料金が加算される場合もありますが、その変更もサイト内ですぐにできます。

私:愛用している楽天ペイのポイントも使えるのにはびっくり。楽天ペイ決済では往診費用の1%分の楽天ポイントが貯まるのも嬉しいです。

安東代表:カードはVISA、mastercard、JCB、Americanexpress、ダイナーズクラブ、楽天ペイが使えますが、今後、Amazonペイ、PAYPAYを順次導入予定です。

「ペットとの暮らしのマストアイテムとして、定着して欲しい」

私:最後に、ジュイクルに興味を持っている方へのメッセージをお願いします。

安東代表:「ジュイクル」はまったく新しいサービスなので、獣医師様に受け入れてもらえるには少し時間がかかるかもしれません。でも登録者数が増えて往診ニーズの高さが認知されれば、賛同してくださる獣医師様も増え、ユーザーの満足度も高くなるといういい循環が生まれます。よりよいサービスに育てていくためにも、まずは一人でも多くのペットオーナー様にご登録をお願いしたいです。

私:「今すぐ往診が必要」でなくても、ペットの健康に役立つ情報のアンテナは、広げておいた方がいいですものね。まずは東京・神奈川・千葉・埼玉限定のスタートだそうですが、早く全国展開して欲しいです。

安東代表:もちろん全国展開を目指しています。そしてゆくゆくは、ジュイクルがフードやトイレと並んで、ペットの健康をしっかり支える環境づくりのひとつと認知されるようになることも目指しています。私たちは「ジュイクル」を通じて、大切な愛犬・愛猫の健康を一緒支えあう存在になりたいと考えています。

往診治療があたりまえになれば、“ペットと暮らせる幸せなシニア”が増えるかも!

インタビューを終えて私が特に強く感じたのは、「このサービスが広まることで、シニアのペットライフが大きく変わるかもしれない」という、明るい予感でした。

人生100年時代といわれ、ペットと暮らすことが健康長寿を伸ばすことに役立つとわかっていても、体力の衰えによる通院不安から、ペットとの暮らしをあきらめるシニアも増えています。でも、気軽に往診をお願いできる環境があれば「もう一世代、いっしょに暮してみよう」と考えるシニアが増え、長い人生を愛するペットと、心豊かに暮らせる人が増えると思うんです。

そういう世の中になって欲しいので、ぜひ一人でも多くの方に「ジュイクル」に登録をして欲しいと、心から思いました。動物病院に行きづらい忙しい人、シニアの人はもちろんですが、動物と暮らし始めたばかりであまり知識がない人、不安な人にもオススメしたいです。

ジュイクル

ウィズペティ

◎メールによるお問い合わせ:E-mail:toiawase@juikuru.jp

◎お電話によるお問い合わせ:コロナの影響によりメールにてお問い合わせお願いします

取材・文/桑原恵美子

取材協力/株式会社ウィズペティ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もう一度、犬を飼いたい。近所のおじさんのために犬の後継人を引き受けた人のお話 (8.7)

  • ニュース

アパレル会社勤務のティーカッププードル×配達員さんのメモリアル (8.5)

  • ニュース

犬が「きょとん」とした顔で首をかしげる意味 (8.5)

首をかしげる小型犬
  • ニュース

国内で犬2頭の「新型コロナウィルス 」の陽性が確認 (8.5)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る