TOP>ニュース > 夏間近!チワワのサマーカット、メリットとデメリットを把握しておこう!

  • ニュース

夏間近!チワワのサマーカット、メリットとデメリットを把握しておこう!

夏間近!チワワのサマーカット、メリットとデメリットを把握しておこう!

毎年、日本の夏は高温多湿の過酷な環境に見舞われる。
夏場は犬にとっても何かと苦痛が多い。
日差しの強い日はアスファルトも高熱を発するので、白昼のお散歩はほとんど不可能。

しかも強烈な日差しは、照り返しによって犬の体を下から蒸し上げるように熱を放つ。
人間よりも体高が低い犬、それもチワワなどの小型犬ともなれば、かなりの放熱によって熱射病リスクまで高くなってしまう……。

だから夏場は、早朝や夜間の散歩をするしかないわけだが、一方で夏場の熱対策としては、体毛をサマーカットで短くするという手段もある。
サマーカットはさまざまな犬種の飼い主が実際に愛犬に対して行っているものだが、ここにメリットを感じている飼い主さんは多い。
一方でデメリットと呼ぶべき注意点もあるにはある。

今回は、特にチワワを例に出して、夏場のサマーカットについて考えていきたい。

夏のチワワのサマーカット、そのメリット

笑っているチワワのアップ

前述のように日本の夏は人間の体にもなかなか堪える猛暑日も多い。
そうなると人間よりもはるかに小さなチワワには、ますます負担となっていることは意識しておかなくてはならない。

夏場、人間なら薄着になれば少しは涼しさを得られるが、体毛に覆われている犬たちはそうは行かない。

そのため、サマーカットをさせて小ざっぱりとした見た目にしてあげているチワワの飼い主さんも多いはず。
サマーカットの一番のメリットは、飼い主から見て愛犬が涼しく見えるということだろう。

人間に当てはめて“涼感を得る”ことに着目すれば、サマーカットも効果的なように見える。

さらにはブラッシングもしやすくなる。
ロングコートのチワワの場合は余計にその恩恵を感じられるところだろう。

そして真夏に、たとえばプールで遊ばせた後にも、サマーカットさえしていれば毛を乾かす手間もそう掛からない。
これもまた、メリットの一つに数えられる。

それに、被毛をカットしたことで蒸れにくくなり、湿度の高い環境でも皮膚の炎症を招くような事態も避けられる。
あわせてエアコンを除湿設定にした環境を用意すればなお良い。

夏のチワワのサマーカット、そのデメリット

見上げるチワワ

一方で、チワワの被毛を夏場にカットすることについては、考えうるデメリットというものがいくつかある。

たとえば被毛が減ったことで、夏の日差し、紫外線がカット前よりも直接的に皮膚を照らすことになる。
これによって皮膚を痛める可能性が生じることは意識しておきたい。

また、夏場に室内でエアコンを使っていても、被毛がない分ダイレクトに冷風がチワワの体に当たる可能性も高まる。
そうすると体が冷えすぎて体調を悪くさせてしまうことも、当然考えられる。

何より、チワワのそもそもの出自はメキシコ。
西東社の書籍『愛犬 病気の知識と健康』によると「メキシコの先住民族トルテック族が飼育していた、テチチと呼ばれる犬の末裔と言われ、アメリカで現在のような姿に改良されました」とある。

原産地が温暖な気候であるため、寒さには弱い犬種であることは認識しておかなければならない。

この点については他に、「いぬのきもちNEWS」の『獣医師監修|チワワにサマーカットは必要?動画でわかるカット方法も』という記事が下記のように明確に警鐘を鳴らしている。

「メキシコ原産のチワワは寒さに弱い犬種です。サマーカットを行ったときは、エアコンなどの冷風や冷気で体が冷えないように温度設定には注意しましょう。必要に応じて服を着せるのも手ですよ」

サマーカットしたチワワに対しては、たとえ真夏であっても必要に応じて寒さ対策を講じることを忘れないようにしたい。

さらには、高温多湿な夏場に活発になるダニやノミなどが、散歩中のチワワに取りつき、被毛があった頃よりも皮膚に寄生しやすくなってしまうことも考えられる。
ダニによる被害は屋外を散歩させる必要のある犬にとっては決して珍しくないものなので、この点もデメリットとして把握しておく必要があるだろう。

このように、サマーカットしたことによって生じる不都合というものも色々と考えられるところだ。

ところで筆者の知人は以前、夏場に被毛をカット済みのチワワとドッグランに出向き、熱射病でそのまま死なせてしまったという経験を話してくれたことがある。
直接的な死因が本当に熱射病によるものだったのか。
そしてそれはサマーカットをしていたことが原因なのか。

その因果関係を確たるものにするのは危険だが、一方で「アレが原因だったかも」という余地を残しているのは事実ではある。
もちろんこれは、レアケースであってすべての事例に当てはまるものではないはずだけど……。

もしもチワワをサマーカットするなら…覚えておきたい注意点

ところで、チワワをサマーカットするという選択を採った場合、気を付けておくべきことというものがある。
それが“カットを素人がやると危険だし、仕上がりが歪(いびつ)”という、ごく当たり前のポイントだ。

プロのトリマーに頼むのが一番安心できるし、仕上がりのかわいらしさも保証される。
餅は餅屋。
トリミングはトリマーに依頼をするのが失敗が少ない。

ただし、あまりに短く刈り込んでしまうと毛質が変化してしまって、次に伸びてきた被毛がこれまでよりうねっていたりする場合もあるという。
また、一度サマーカットしてしまうと、短くなった部分が伸びた頃には、元々手を入れていない部分とで長さも歪になってしまい、見た目が変になってしまうという欠点もある。

そうなると夏場でもないのに帳尻合わせのカットをまたやらなくてはいけなくなってしまい、金銭的な負担も掛かってしまう。
こういうネックとなる部分も、チワワの被毛をカットする場合には表面化しやすいことは考慮しておく必要があるだろう。

チワワの被毛、カットするなら夏。でも環境を整えればカットしなくても問題はない…

サマーカットされるチワワ

と、ここまでチワワのサマーカットについての話をしていったんだけど、実際にチワワと暮らしている飼い主さんの意向次第で、夏場の被毛をカットするかどうかはブレが大きい印象がある。
たとえば活発な性質で、頻繁に屋外に出かけたがるチワワの場合は、蒸れ対策のために(特にロングコートの場合)被毛を短くするという対策は有効と感じられる部分もある。

一方で高齢になってきて、あまり運動もしなくなったチワワの場合、エアコンの稼働している室内であまりに短い被毛にしてしまうと風邪を引かせてしまうリスクも生じる。
こういう場合には「今年はサマーカットはしなくていいかな」と考えるのが通例となるだろう。

ただし、夏場のトリミングによって普段とシルエットの異なる姿になった愛犬を見るのは嬉しいもの。
そして喜ぶ飼い主を見ることで、愛犬もまたテンションは上がるものである。

メリットとデメリットのバランスに留意しつつ、飼い主の責任においてサマーカットを施すかどうかを選定していただきたい。

文/松本ミゾレ

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「介助犬の子犬預かりボランティア指導」がオンラインで再開 (7.6)

  • ニュース

「なんでやねん」ビシッ。覚えたてのお手のタイミングを間違えたワンコ (7.6)

  • ニュース

一体、誰なの?「さっちゃん」の正体。 (7.5)

  • ニュース

新型コロナウィルス感染急増!Amazonで見つけた犬用マスク。しかし用途は… (7.4)

  • ニュース

テレワーク終了の悲報!愛犬にストレスをかけないためにできることはある? (7.3)

パソコンの前で抱っこされる犬
  • ニュース

愛犬への想いから生まれた完全無添加ドッグフード「PPFC」が日本上陸 (7.2)

  • ニュース

ちょ、やめろよ、な? 今日のモフモフ1シーン。 (7.1)

  • ニュース

タバコ臭い犬猫なんて、見たくない。 (6.28)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る