TOP>ニュース > 飼わなかったらこんなに苦しまなかったのに【犬が死んだ朝】

  • ニュース

飼わなかったらこんなに苦しまなかったのに【犬が死んだ朝】

犬が死んだ朝

早朝、実家からの電話で、愛犬が亡くなったのを知った。正月に帰った時も寝てばかりで、以前のように遊ばなかったから、覚悟はしていたけれど、やはり大きな衝撃だった。知らせを告げた妹は電話の向こうで泣きじゃくっていて、家族全員が悲しみに包まれているのが伝わってきた。

すぐにでも実家に飛んで帰りたかったけれど、急な休暇をとったら、みんなに迷惑をかけてしまう。亡骸に会えないのは辛いけれど、今はこのまま実家に任せるしかないと判断して、「連絡ありがとう、花を送るね」と電話を切った。

切ったとたん、電話で繋がっていた実家と私がブツンと断たれて、私だけが遠くの場所に取り残された。最後まで、家族みんなに付き添ってもらって、あの子は幸せだった。たった13年間しか一緒にいなかったのが不思議なぐらい、たくさんの思い出がある。

私は3年前から家を出て、ひとり暮らしをしているから、私と犬との生活は10年しかなかったことになる。たった10年しか、犬と暮らしていなかったのに、犬のいない実家のリビングが思い出せない。犬のいない実家なんて、帰りたくないよ。

呆然としながら仕事をしていたら、やっぱりミスをした。「これはいけない、仕事に集中しなければ」と考えれば考える程、身体がどんどん固くなってしまい、電話の対応もおかしくなって、デスクで思わず涙がこぼれてしまった。

上司が心配して「どうしたの?」と聞いてきたので、正直に、実家の犬が亡くなったことを告げたら、ひどく同情してくれて、「そりゃあ大変だったね。今日はもうこっちは大丈夫だから、早退していいよ」と、まだ午前中の早い時間に、会社から追い出されてしまった。

午前中のオフィス街は白い光に満ちていて、どこもかしこも輝いている。ビルの窓に反射する光はもう夏の光だ。一年でいちばん良い季節なのに、犬が死んでしまった。もう二度と会えない。みっともないと思っても、溢れる涙を抑えきれない。自分の人生に、幸福な日々はもう来ないんじゃないだろうか、そんな気がしてしまう。

ぽろぽろ泣きながら歩くうちに公園に突き当たった。しばらく落ち着こうとベンチに座り、あたりを見渡すと、犬連れの人がたくさんいた。散歩をしている犬を見ていると、どうしてあの子が元気でいるのに、うちの子が亡くなってしまったのか、という理不尽な気持ちになってくる。

それでもあと何年かしたら、あの子も虹の橋を渡るのだろう。あの人も、私と同じように犬を亡くして涙にくれる日がくるのだ。それなのになぜ、私達は犬を飼うのだろう。悲しくなる日が必ず来るのを、わかっていながら。

この苦しみは永遠に晴れることなく心に宿るのだろうか。犬を見たら必ずあの子を思い出し、二度と会えない現実に苦しめられるのだろうか。そうなると、飼ったこと自体が間違いだったのかもしれない。

そこでふと気がついた。飼わなかったら確かにこんな苦しまない。でも、あの幸せな日々も、まるで無かったことになる。それは絶対に、絶対に間違いだ。犬と過ごした楽しい時間は、かけがえのない宝物となって、私の心の中に、大切に残っている。

ドアを開けたとたん、玄関まで走ってくる嬉しい足音。キラキラしながら見上げる瞳。ふさふさの尾をブンブン振って走る姿。美味しそうに食べ、全力で遊び、いびきまでかいてぐっすり眠る。喜びと幸せと愛情だけが、体いっぱいにつまっていた。私たち家族を、最後まで信じて、ボロボロの身体だけをこの世に残して、立派に天に帰っていったのだ。

突然、「ありがとう」という言葉が脳裏に浮かんできた。今は悲しくて苦しくて辛くてたまらないけれど、犬には感謝しかない。うちに来てくれて、家族になってくれて、楽しい時間を、本当にありがとう。離れていても私はあなたが大好きだった。亡くなった犬に、一番伝えたい言葉は「ありがとう」だ。

スカートのお尻をはらって立ち上がる。妹あてに花を送らなければ、公園の入り口に、確か大きなフラワーショップがあったっけ。犬には毒になるからと、長い間、飾れなかった生花を、たくさんの花束にして送ろう。ありがとう、というカードを添えて。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

バックナンバーはこちら

https://petomorrow.jp/?s=%E7%8A%AC%E3%81%8C%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E6%9C%9D

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「ぐいーんと伸びをして寝た」だけで5万再生以上された仔犬 (6.2)

白豆柴のむぎちゃん9
  • ニュース

夏間近!チワワのサマーカット、メリットとデメリットを把握しておこう! (5.31)

  • ニュース

「はい、今日も異常ナシ」最強の“癒し系番犬”が現れた。 (5.29)

  • ニュース

「バァ!」カーテンからこんにちは。 (5.28)

  • ニュース

19.6kgの大きなコーギー、飼い主さんの服がぴったりだった(笑) (5.28)

大きなコーギーラッキーくん11
  • ニュース

今日ちょっとでも良いことがあったら、それでOK! (5.26)

  • ニュース

飼わなかったらこんなに苦しまなかったのに【犬が死んだ朝】 (5.22)

  • ニュース

年間のペット関連支出4人に1人増加!「支出額が大きいもの」第1位は? (5.22)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る