TOP>ニュース > 動けなくなった犬を、毎日ワゴンに乗せて散歩する男性。

  • ニュース

動けなくなった犬を、毎日ワゴンに乗せて散歩する男性。

動けなくなった犬を、毎日ワゴンに乗せて散歩する男性。

「愛って何だろう…。」つい最近、テレビコマーシャルで聞いたことのあるフレーズ。愛は目に見えない。だからこそわかりづらい。でもそれはこの宇宙で最も大切であり、強力なもの。そして人種、宗教、性別、そして種をも超越するものであろう。

先日、SNSである投稿が話題となった。

アメリカ・マサチューセッツ州ダートマスに住むブライアン・トンプソンはある日、雪の積もる公園を散歩していた。その時、彼の後ろにワゴンを引いている男性がいることに気がついた。よく見ると、そのワゴンには毛布にくるまった白い犬が乗っていた。ブライアンは、「どうしたんだろう?」とその“二人”に興味を持ち、思い切って声を掛けてみた。


©Bryan Thompson

男性によると、その犬はALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っているのだと言う。ALSとは、運動神経細胞が侵される事によって、脳から手足などを「動かせ」という命令が伝わらなくなり、手や足、喉や舌、呼吸に必要な筋肉がやせ衰え、力がなくなっていく病気である。そして彼の犬もすでに歩くことができなくなっていたのだ。


©Bryan Thompson

それでも男性は「外に出て新鮮な空気を吸わせてあげたい、少しでも楽しめるようにしてあげたい」と、毎日このように愛犬をワゴンに乗せて散歩しているのだと言う。その献身さだけでも感動したブライアンだが、男性の次の言葉を聞いた彼は、どうしてもSNSに投稿せずにはいられなくなってしまったのだ。

その言葉とは、

「もし自分が同じ状況になってしまったら、この子は私に同じことをしてくれたと思う。だから私はこうして毎日この子と一緒に散歩しているんだよ。」

これはまさしく、この男性とこの犬の間にある深い愛。目には見えないけれど、固い絆で結ばれた決して揺るがない深い愛なのである。この男性と愛犬の話は5万件近い「いいね!」と5万件を超えるシェアをされた。

世界中が大変な状況である今だからこそ、私たちももう一度しっかりと考えていきたい話ではないだろうか。

文/織田 浩次
参考資料/
Bryan Thompson/Facebook

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人間の妹を見守る芝犬りんご郎 (4.3)

柴犬りんご郎くんとあかちゃん3
  • ニュース

不安定な今こそ、犬の飼い主が読むべき1冊「友だち」 (4.2)

  • ニュース

非常に食べにくい。食べものGメン猫が現れた(笑) (4.2)

  • ニュース

散歩後のダラダラモード【本日も、モフモフ】 (4.1)

  • ニュース

これがプロの窓拭き?確かに綺麗になったけど…笑 (3.29)

  • ニュース

部屋に戻ったら、猫がテレビ電話を使いこなしてた。 (3.29)

  • ニュース

犬は花粉症になる?ならない?【獣医師に聞いた】 (3.26)

  • ニュース

動けなくなった犬を、毎日ワゴンに乗せて散歩する男性。 (3.25)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る