TOP>ニュース > 新型コロナウイルス、犬にも感染の疑い?ただし症状は見られず!

  • ニュース

新型コロナウイルス、犬にも感染の疑い?ただし症状は見られず!

新型コロナウイルスは犬にも感染するのか

現在、とうとう南極以外の全大陸に感染者が発生し、猛威を奮っている新型コロナウイルス。

連日コロナのニュースばかりで気が滅入りそうになる。既に日本でも、イベントの中止措置や一部レジャー施設の営業見合わせなどの実害も相当数生じ始めている。

一刻も早く終息してもらいたいところだ。ところが事態はまだまだ先行き不透明。

そんなさなかに、ペットと暮らす私たちにとっては気になる報道があった。

え?ペットも新型コロナに感染?

CNNなど複数の報道期間が2月29日付けで、ペットの犬に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと報じている。陽性反応の出た犬は香港在住の人物の飼い犬で、飼い主が新型肺炎を発症したのち、香港政府は飼い犬の検査を行ったとされている。

そしてこの検査の結果、微かながらもウイルスの陽性反応が検知されたため、現在この飼い犬は地元政府の一部門に引き渡された、とある。

しかしながら当の飼い犬には微弱な陽性反応以外の一切の異変はなく、いたって健康であることも併せて発表されている。

また、飼い犬を隔離している部門では「現時点でペットの動物が新型コロナウイルスに感染、あるいはペットを介して飼い主に感染するという確証はない」との説明も行っている。

だから今はひとまず、「ペットにも新型コロナウイルスの陽性が出た」という事実を、ことさらに拡大解釈して恐れる段階ではないといえる。

不安を煽るだけでは何も解決しない。できる防疫をしっかり実践したい…

考えてみれば新型コロナウイルス自体の出自には今のところ確たるソースは出てはいないが、自然界には人体にとって有害な、多種多様のウイルスがひしめいている。

そうしたウイルスのいくつかは屋外を行き来するペットにも当たり前に付着するものだし、場合によってはそのせいでペットも飼い主も感染症を起こすこともある。

新型コロナウイルスは、香港のこの事例を参考にすると犬には悪影響はなかったということなので、現段階ではこの点、愛犬家も安堵していいのかもしれない。

あくまで陽性反応が出ただけで、発症したわけではないので、ここを重視して考える冷静さを持っておきたいところだ。

隔離されている犬の飼い主は発症してしまったが、それがペットのせいであるとか、飼い犬とのコミュニケーションが原因である確証はない。

飼い主が持ち込んだウイルスに、飼い犬が感染した可能性だってあるわけなので。

日本でも既に新型コロナウイルスの発症者は出ているが、まずは自分のできる防疫。これを徹底することだ。

つまり、外出後にはうがいと手洗い!

しっかりと汚れやウイルスを退治して、清潔な環境でペットと過ごそう。できることを、できるだけ完璧に実践してリスクを遠ざける。これしかない。

おわりに

繰り返しになるが、元々自然界には様々なウイルスがはびこっている。犬の場合は散歩の最中に、どうしても人間よりもウイルスとの接触機会は多くなってしまうのも事実だ。

だから、今回の新型コロナウイルスだけに限らず、屋外を行き来するペットと触れ合ったら、手洗いを徹底するぐらいでちょうどいいのだ。

これについてはしっかり実践できている飼い主さんも、きっと既に大勢いるはず。

しかし用心をするに越したこともないので、改めてこの必要性を主張しておきたい。

(参考)ペット犬に新型肺炎の弱い陽性反応、飼い主は感染 香港
https://www.cnn.co.jp/world/35150060.html

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の避妊・去勢手術はする?タイミングやメリット・デメリット、費用、手術の流れを解説! (6.22)

  • ニュース

ペットも家族同然!アメリカではペット育児休暇制度を開始する会社も (6.21)

  • ニュース

カワウソみたい(笑)パピー時代のムギとキャリー (6.21)

  • ニュース

最近、妻も子どもも「犬が欲しい」と言い出した。 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る