TOP>ニュース > 「新型コロナウイルス」は犬猫に感染するのか?【獣医師に聞いた】

  • ニュース

「新型コロナウイルス」は犬猫に感染するのか?【獣医師に聞いた】

イベントやサッカーなどスポーツの休止、レジャー施設の閉鎖が相次ぐ中、新型コロナウイルスに関して飼主さんから聞かれることが多い項目について、ここでご紹介したいと思います。

まず、多いのは、犬や猫のコロナウイルスと今、流行しているコロナウイルスの違いです。

「新型コロナウイルス」に関して飼い主が知っておきたいこと

今、流行しているのは「新型」コロナウイルスと呼ばれる通り、犬や猫が感染するコロナウイルスとは種類が異なる別のウイルスです。

犬のコロナウイルスはCoronaviridae科Coronavirus属Group1に属する犬コロナウイルス(CCV)です。新型コロナウイルスの正式名称はCOVID-19で、同じコロナとはいっても、別物です。

世界小動物獣医師会(WSAVA)が発表したコメントでは、“犬や猫が感染することが知られるのは「アルファコロナウイルス」であり、犬は軽い下痢、猫は伝染性腹膜炎を起こす。人の新型は種類が違う「ベータコロナウイルス」で、犬や猫が感染する証拠はない”と書かれていました。

ワクチンの内容を紹介したパンフレットに「コロナウイルス」と書かれているので、犬もかかる病気なのかと心配される飼い主さんも多いのですが、今回の新型コロナウイルスとは別のものだということを、ぜひ知っておいていただきたいと思います。

今のところ、人からペットへ、また、ペットから人へとうつる危険性は今のところ無いと言われています。今後研究が進んで今とは異なる結果になったとしても、コロナが原因となって、ペットを手放したりすることがないようにして欲しいと願っています。

飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合

東京都の獣医師会では、新型ウイルスに関する疑問についてわかりやすく解説した、Q&Aを掲載しています(https://www.tvma.or.jp/public/2020/02/post-66.html)。

ここでは飼い主さんがコロナウイルスに感染した時に、どうするかという指針が示されています。それによると、入院して留守にする場合は、「安心してペットのお世話を頼める人に預けましょう」と書かれています。

「患者であるあなた(飼い主さんのこと)が暮らしていた部屋にペットを残し、お世話に通ってもらう方法は、感染対策上お勧めできません。 ペットを預ける場合、念のために、被毛を洗浄するか、またはペットと接する際にはマスクやグローブをつけてもらい、お世話をした後は、丁寧な手洗いを励行するようにお伝えください」と具体的に紹介されています。

飼い主さんご自身の身体を守ることが、ペットの幸せにつながります。飼い主さんが病気で寝込んでペットのお世話ができなくなってしまうことが無い様に、現在、有効とされているうがいや手洗いを徹底して、人ごみを避けるようにしてください。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「肥満犬」は寿命が2年半も短いって本当? (6.13)

  • ニュース

犬はマンゴーを食べられる?あげてもいい果物とおやつレシピ【春~初夏編】 (6.12)

カットされたマンゴー
  • ニュース

十二支に見る犬(戌)の特徴!陽の気溢れる安産の象徴? (6.11)

  • ニュース

知れば愛犬ともっと仲良くなれる!これが犬が喜ぶ「なで方」だ! (6.10)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る