TOP>ニュース > 新しい飼い主が見つからなければ「殺処分」という現実。

  • ニュース

新しい飼い主が見つからなければ「殺処分」という現実。

【動画】新しい飼い主が見つからなければ、殺処分という現実。

ここはオーストラリアのシドニーにある、保健所みたいなところ。いらなくなった犬や野犬が保護されています。保護といっても、新しい飼い主が期限までにみつからなければ、容赦なく殺されてしまう、悲しい場所なんです。

僕は、ある日、飼い主さんにここに連れてこられた。最初は、どんなところなんだろうと、ちょっと嬉しかった。でも、すぐに不吉な予感が僕を襲ったよ。「なんで!どうして?」と思ったけれど、何も言葉をかけられることもなく、飼い主さんは僕をつないだリードを職員に渡した。

「嫌だ!嫌だよ~!なんだか、ここはとても嫌な場所なんだ」

そんな言葉が届くはずもなく、背を向ける飼い主。引きずられるようにジャックラッセルテリアは、檻のあるところに連れて行かれます。そして、ゴールデンレトリーバーの老犬が収容されている房に入れられることに。

力なく横たわる僕。そのゴールデンの老犬の温もりが欲しくて、横に寝そべってみたら、温かく迎えてくれた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る