TOP>ニュース > 【獣医師監修】世界は進んでた。一日に一回、犬の散歩をさせないと約29万円の罰金

  • ニュース

【獣医師監修】世界は進んでた。一日に一回、犬の散歩をさせないと約29万円の罰金

兵藤哲夫の徒然日記

CNNニュースによると、オーストラリアの首都キャンベラを抱える首都特別地域で、素晴らしい法律が施行されることになりました。犬の飼い主さんが1日に少なくとも1回、散歩させなかった場合、最高で4000豪州ドル(約29万2000円)の罰金が科されることになるそうです。

最近は日本の法律もペットに関して進歩してきましたが、それでも犬や猫などは物と似たような扱いです。それが、オーストラリアでは犬を人間と同様、知覚を持つ生き物と受けとめて、その福祉の向上を狙った法律を施行したのです。素晴らしいですね!

オーストラリア全土ではなく、首都キャンベラを抱える首都特別地域に限定されているものの、新しい法律ではこうした散歩の義務付けのほか、餌や飲み水など基本的な飼育上の要件を満たさないことが判明した場合も、飼い主に現場で罰金を科せるようになりました。

一日に一回の散歩のほか、「犬を24時間閉じ込めていた場合、飼い主には2時間は犬を自由に動き回らせることを命じ、従わない場合は法的措置を講じる」というのですから、徹底しています。

オーストラリア政府が発表した報道関係者用のプレスリリースでは「近代社会における動物の福祉は、飼育される環境に動物が精神的かつ物理的にどう対応しているかを考慮することが必要」と述べています。日本でも早くこうした動物福祉に関するしっかりした政府の見解や提言を、行って欲しいものです。

私はオーストラリアで2年に一回開催される、馬事産業の総合国際博「エクイターナ・アジア・パシフィック」を見学しました。馬にまつわる商品が展示・販売されるほか、さまざまな馬術競技が行われる、素晴らしいイベントでした。

競技を通じ、日本とは異なる動物との密接な関係を肌で感じさせられました。また、現地で案内をしてくれた多くのオーストラリア人は明るくて開放的な人が多く、いっぺんでファンになったものです。法律改定でますますこの国が好きになりました。

法律改定で、世界の動物福祉に対する意識の高まりを知り、日本が学ぶべき点は多いと感じさせられました。罰金が課されなくても、せめて一日に一回は散歩に連れて行ってあげてくださいね。ワンコたちはあなたとの散歩を楽しみにしていますよ。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬への想いから生まれた完全無添加ドッグフード「PPFC」が日本上陸 (7.2)

  • ニュース

ちょ、やめろよ、な? 今日のモフモフ1シーン。 (7.1)

  • ニュース

タバコ臭い犬猫なんて、見たくない。 (6.28)

  • ニュース

スリスリと、油断させてからのガブリ攻撃! (6.26)

  • ニュース

「カラダは仔犬、顔だけ成犬」と言われた柴犬。 (6.24)

  • ニュース

ストリートビューにうちの子と元気な母がいた【犬が死んだ朝】 (6.21)

  • ニュース

自由すぎる寝相の兄。だから、アタシもやる。 (6.21)

  • ニュース

19年前、甲斐犬の子供を預けて去って行った男子小学生へ。 あの時の子犬は天寿をまっとうしま... (6.20)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る