TOP>ニュース > パグ愛好家のオーナーが営む人気シンガポール料理店『ファイブスター・カフェ』【看板犬探訪】

  • ニュース

パグ愛好家のオーナーが営む人気シンガポール料理店『ファイブスター・カフェ』【看板犬探訪】

シンガポール料理店『ファイブスター・カフェ』【看板犬探訪】

東急東横線中目黒駅から徒歩2分、路地裏にあるシンガポール料理の店「ファイブスター・カフェ」の看板犬はパグのわん君です。パグ愛好家で「お店にパグ連れのお客様がいらっしゃると、ワクワクする」というオーナーの久保田和亮さんが美味しいシンガポール料理で迎えてくれます。

13時以降はワンコ連れでの来店もOK。終日全席禁煙でワンコに優しいお店です。散歩の帰りに中国茶を楽しむなど常連さんも多く、飼い主さん同士が誘い合って来店されるので、お店はいつもにぎわっています。

わん君もワンコのお友達が来ると嬉しそうにお迎えしてくれるとか。わん君はさすがに看板犬だけあって、サービス精神抜群!お店に来るワンコにもお客様にもフレンドリーに接してくれます(注・いつも会えるわけではありません)。

「顔が魅力」と言うオーナーの言う通り、ハンサムなわん君は性格も良くて優しく、温厚で穏やか。初めてのお店でちょっと緊張しているワンコのお友達にも、優しく接してくれるそうです。

わん君の可愛い仕草で胸がキュンキュン、見ているだけで胸がいっぱいになってしまいますが、ここは美味しい料理でお腹をいっぱいにしましょう!都内でもトップクラスという評判の高い、シンガポール料理のお店なのです。

店名のファイブスターとは料理の格付け「五つ星」からきています。シンガポール料理の最高峰を目指したオーナーの久保田さんが、素材から調理方法まで妥協を許さず完成させた料理は、どれも評価が高く、「都内でシンガポール料理ならここ」と食通からも支持を得ています。

お店一押しの料理は「海南鶏飯」「ラクサ」「肉骨茶(バクテー)」の3品。

特に鶏飯の鶏肉のぷりっとした歯ごたえは永遠に噛んでいたいと思うほど。鳥特有の臭みが全く無くて、鶏のうま味にあふれています。この、かみしめると口いっぱいの鶏肉の風味は、添えられた3つのソース(ブラックソイ、チリ、ジンジャー)でアクセントをつけながら楽しむことができます。


ハイナンチキンライス

ラクサは米の麺を使った料理です。エビの出汁など香草の香りが効いたスープにもっちりした食感の麺が後を引く美味しさ。


カトンラクサ

肉骨茶(バクテー)はマレーシアでよく食べられるバラ肉のスープで、久保田さんによると「現地ではよく朝食として、働きに行く前に、食べる料理のひとつ」とか。複雑で奥深い味のスープに、ホロっと崩れる骨付きバラ肉は、病みつきになりそうです。


バクテー

そんな美味しい料理を食べながら看板犬を愛でる幸せ。2年前に子犬のわん君が来てから「あんまり海外旅行に行けなくなってしまった」という久保田さんですが、いつも一緒に居られるわん君の幸せそうな顔!

わん君と幸せなオーナーの料理は、美味しい幸せのオーラに包まれていました。

『ファイブスター・カフェ』の店舗DETA
http://www.golden-dining.com/fivestar/

東京都目黒区上目黒3-12-4 1F

営業時間
11:30~15:00(L.O15:00)
17:30~23:00(L.O.22:30)
ペット:13:00~

日曜営業
定休日
年末年始/無休
店内全面禁煙

取材・文/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が原因で離婚できないかもしれない (5.11)

  • ニュース

夏に向けて!愛犬のための庭、危険害虫対策は万全? (5.11)

  • ニュース

テーマは「for your loved one 」犬と人のライフスタイルブランド「CORY... (5.9)

  • ニュース

暑さが苦手なキャリーちゃんはちょっとまったりモード。 (5.9)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る