TOP>ニュース > 世界最大のアニマルヘルス企業「ゾエティス」が日本の飼い主にしてくれることは?

  • ニュース

世界最大のアニマルヘルス企業「ゾエティス」が日本の飼い主にしてくれることは?

「ゾエティス」が日本の飼い主にしてくれることは?

動物用医薬品とワクチン、診断用製品や遺伝子検査など世界最大のアニマルヘルス企業ゾエティスの国際事業プレジデント、ロバート・E・ケリー氏が来日されたのを機に、日本法人代表の加藤克利氏とともに、世界と日本のペット業界の潮流についてインタビューしました。

ファイザーのアニマルヘルス部門から独立したゾエティスは、ノミ・ダニの駆除などでおなじみのスポットタイプの薬、犬用アレルギー性皮膚炎に伴う痒みの薬、ワクチンの開発・販売などをしている会社です。ペットとともに創る明日のために、ゾエティスは私達飼い主に何をしてくれるのでしょうか。


ロバート・E・ケリー氏

「ペットが家族の一員という傾向は世界的な潮流になっています。日本では特にそうですが高齢化社会の中で、伴侶としてのペットを飼う高齢者が増えています。若者達も結婚年齢が高くなり、少子化によりペットを子どもや家族として見なす傾向が強くなっています。

また、市場も6%前後と拡大しており、革新的な製品も発売されてきていて、技術も進歩し、ペットにとっても飼い主さんにとっても非常に喜ばしいことになっています」(ケリー氏)


加藤克利氏

「ケリーが言う通り、ペットとヒトとの絆、ヒューマンアニマルボンドを重視する傾向は顕著です。私も日本法人の責任者として、ペット、すなわち伴侶動物を飼うことの効果は非常に大きいと認識しています。

特に子どもたちにとっては情操教育や命の学習機会でもあり、大人にとってもペットは生き甲斐のひとつとして、なくてはならない存在です。また、病気の子どもや大人がペットに触れ合うことで、治癒率が高くなるというきちんとしたデータも出てきています。ペットの存在が人と社会に及ぼす貢献度は、今後ますます大きくなるでしょう」(加藤氏)

—ペット医薬の最大手として、飼い主さんに何をしてくれるのでしょうか?

「私達は世界中の飼い主さんに対して、病気の治療薬はもちろん、疾病の予測や予防、治療のための解決策など、アニマルヘルスに関するあらゆるニーズにお応えしています。

薬では今後はより最先端の技術を導入した製品が開発されるでしょう。そのスピードもめざましいものがあります。以前は人間用が先に開発され、次に動物でしたが、その流れは変わってきており、今は動物先行です。具体的には、皮膚病薬の開発と販売があります。弊社の犬用アレルギー性皮膚炎の薬「アポキル錠」や、新薬「サイトポイント」がその例です。「サイトポイント」は、動物病院での1回の注射で効果は約1ヵ月持続します。その結果として、大切なペットが健康に暮らせる日々を一日でも長くできるように、私達は努力しています」(ケリー氏)

「昔は海外で開発された薬は10年経たないと日本で使えないような事態もありましたが、ここ数年規制緩和により、効果的な新薬が日本市場でも迅速に発売されるようになり、日本の飼い主さんにとって良い方向に向かってきました。先ほどの、犬のアトピー性皮膚炎のための新薬「サイトポイント」も、本国アメリカで先行発売され、日本には今冬の導入が決まりました。もちろん、日本においてはきちんとした薬事上の手続きと、厳密な検査の上で販売されるものです。

ケリーがニーズと申しましたが、薬の中では、特に皮膚病薬のニーズは高かったのです。日本は気候的に夏の温湿度が高く、アレルギー性皮膚炎を含む皮膚病は非常によくある病気のひとつです。

「アポキル錠」や「サイトポイント」新製品の発売前は、皮膚病の治療方法は限られていました。それが、選択肢が増えることになります。薬としての質も高く、副作用リスクが低いというのは大きな利点です。「サイトポイント」は投与頻度が非常に少ない長期持続型であるという面でも改善されています。

痒みの治療はこれまでステロイド剤が中心でしたが、私達が調査したところでは、ステロイド剤で治療しているペットの約6割でステロイド剤との関連が疑われる有害事象があり、飼主さんの約8割はステロイド剤に対して不安を抱いていました。皮膚病は飼い主さんの心理的負担の大きな病気のひとつです。特に大切なペットが痒みで苦しむ姿を見るのは非常に辛く、早く安全に症状改善できる点はペットにとっても飼い主さんにとっても喜ばしいことだと考えます」(加藤氏)

—ありがとうございました。最後にペットについて教えてください。

「F1ドライバーのアイルトン・セナから名前をつけたセナです。犬種は「ハンガリアン・ビズラ」です」(ケリー氏)


ケリー氏の愛犬セナ

「保護施設から引き取った雑種猫リンと暮らしています」(加藤氏)


加藤氏の愛猫リンちゃん

取材・文/柿川鮎子
写真/志田彩香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る