TOP>ニュース > 江戸時代にベストセラーになった犬の飼育書「犬狗養蓄傳」

  • ニュース

江戸時代にベストセラーになった犬の飼育書「犬狗養蓄傳」

江戸時代にベストセラーになった犬の飼育書「犬狗養蓄傳」

庶民が本格的にペットを飼育するようになったのは、江戸時代からだと伝えられています。社会が安定して、朝廷や貴族など一部の上流階級だけが飼育していたペットを、一般庶民が愛玩できるようになりました。

読本作家で絵師だった暁鐘成(あかつきのかねなり)という人は、犬の飼育書「犬狗養蓄傳(いぬくようちくでん)」を執筆して、大ベストセラーとなりました。

寛政5(1793)年、大坂西横堀福井町上で醤油醸造業を生業とする、名家の妾腹として生まれた暁鐘成は、愛犬家で、たくさんの犬を飼育していました。好きが高じて、飼い主のために子犬の育て方から、犬が罹りやすい病気やケガ、寄生虫の駆除の方法までを紹介した、犬の飼育書を書き、評判となります。


犬狗養畜伝(国立国会図書館アーカイブズ)では餌の与え方まで、絵入りでわかりやすく紹介

この飼育書が面白いのは、暁鐘成の犬への愛情があふれ出ているところです。もともと愛犬家だから当然なのですが、犬への愛が並大抵ではありません。

たとえば病気の犬の栄養管理に関しては、「消化しやすいものを与えて、なるべく食べすぎないように」と注意をした上で、「食欲のない時は食事の内容を変えたり、調理の内容を変えてみる。また、やり方や与える時間も変えてみてください」と細かく指示しています。

それだけではなく、「煮ても食べない子は、お刺身など生なら食べるかもしれませんよ」とか「普段使いのお皿で食べなかったら、小さいお皿に入れ替えてみたり、飼い主さんの手から与えてみては?」と、病気の犬に、何とか食べて体力をつけてもらいたいと、しつこいほど熱心に書き記しているのです。


犬狗養畜伝(国立国会図書館アーカイブズ)の表紙の3頭の犬も可愛い

それだけではありません、暁鐘成の偉大な点は、世界に先駆け、飼い主に終生飼育を訴えている点にあります。

「狗(いぬ)は則ち人間の小児と心得べし。その養い方悪しくして狂犬病犬と成り、人を咬むがゆえに遠き山野に捨てること不憫ならずや」

意訳すると「ワンコは人の子供と同じ、しつけが悪くて噛むからといって、山に捨てては可哀想だよ」でしょうか。しつけして、ちゃんと責任をもって飼いなさい、と、まるで現代の飼い主に教えているような内容です。終生飼育の動物愛護の思想を盛り込んだ、世界に類を見ない飼育書だったのです。

暁鐘成という人物についてはまだよくわからない点が多いのですが、彼の本が江戸時代、多くの犬の飼い主さんたちに受け入れられたのも、彼の動物愛護精神と、犬への深い愛情が伝わったからに違いありません。

さらに「ペットを正しく飼育したい」という飼い主のニーズがあったからこそ、暁鐘成は飼育書を書いたのでしょう。これはまさに江戸の飼い主の意識の高さを示しています。私たちが正しく飼育できるのも、暁鐘成のような先駆者たちのおかげかもしれません。江戸時代も今も、犬を可愛がる気持ちは、同じでした。

文/柿川鮎子

「犬の名医さん100人データーブック」(小学館刊)、「犬にまたたび猫に骨」(講談社刊)、「動物病院119番」(文藝春秋社刊)など。作家、東京都動物愛護推進委員)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る