TOP>ニュース > 「犬猫よけ」と言われる水入りのペットボトルは、エイプリルフールのジョークから生まれた?

  • ニュース

「犬猫よけ」と言われる水入りのペットボトルは、エイプリルフールのジョークから生まれた?

「犬猫よけ」と言われる水入りのペットボトルは、エイプリルフールのジョークから生まれた?

住宅街などの道路脇に、水の入ったペットボトルが並んで置いてあるのを見たことがあるだろうか。玄関の側だったり塀の上だったり、はたまた電柱に囲むようにおいてあったり。これは「誰」が「いつから」始めたのか、そして「その効果は?」…。考えてみるとよくわからない「謎」なのである。

「謎」とは言っても,「あれって猫や犬などの動物避けでしょ?有名じゃん?」と言う人もいるだろう。結論から言えば、その目的は「その通り」。でも一体なぜ「猫や犬避け」として行われるようになったのだろうか。

―その “説”は一体どこから始まったのか?―

この “説”の出どころを示すものの多くは曖昧である。発祥はアメリカだとか、いやオーストラリアだとか、どの情報も不確か。ましてや科学的根拠を示すものはほとんどない。しかし、様々な情報を遡っていくと、ある結論に行き着いたのだ。絶対に「これが最初である」とは断言できないが、調べた限りでは最も古く、そして最も信憑性の高いものであろう。

それは「発祥はニュージーランド」というものだ。

―ある庭師の発言―

今から30数年前の1980年代半ば、テレビやラジオなどでガーデナー(庭師)としてカリスマ的存在であったエイン・スカロウ氏。彼が、とあるラジオ番組でこう語ったというのだ。

「水を入れたペットボトルを庭の芝生の上に転がせておくと、犬が芝生の上にオシッコやウンチをしに来ないよ!」と。

カリスマ的存在のガーデナーが言うのだから、きっと本当に違いない!と、ラジオを聞いていた多くのリスナーたちはこぞって庭に水入りのペットボトルを庭へ置いたという。その日以降、ニュージーランドの住宅地では日を追うごとに多くのペットボトルを見かけるようになったそうだ。

しかし、この話には続きがあったのだ。

―4月1日?―

それはその放送日が鍵となる。これが放送されたのが4月1日。つまり…そう、エイプリルフールだったのだ。海外ではよく企業のコマーシャル等でも「ジョーク」を放送する。多くの場合、それが冗談であることはわかる。でもカリスマ的なガーデナーのこの発言はニュージーランド中に広まり、タスマン海を飛び越えてオーストラリアにまで渡ってしまったのだ。

さあ、ここまで広まるともう止まらない。ジョークだったものが真実とされ、アメリカ、イギリス、カナダ、インド、日本、etc.…と世界中に広まっていった。
1986年10月にはアメリカ、サンディエゴの新聞The Sun Diego Unionでも「水入りのボトルは犬を近寄らせない。」と書かれたほど、この話は広まっていったのだ。

―噂はいつしか真実となって・・・―

でもラジオで理由も言っていないのに、なぜみんな信じたのか。それはスカロウ氏が有名な庭師であったということ、そして広まっていくうちに、

「犬や猫は、水入りのペットボトルの反射や光が嫌いだから近寄らない」

「犬や猫は、自分たちが飲む飲水は汚したくないと思っています。ですからペットボトルの水も汚さないようにするのです」

「水といよりもペットボトル自体が苦手なのです」

と、いろいろな理由が人々によって後付けされたことであろう。

時々、偶然にも「効果があった」という人もいたが、ほとんどの人たちはその効果を感じられず、1990年代に入るとニュージーランドの人々は置いた理由さえ忘れ、街からは「庭のペットボトル」もだんだんと姿を消していったという。それは他の国々でも程度の差はあれ同じだった。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「もう一頭、生きていた?」タロジロの奇跡に秘められた、名もなき犬の真実 (2.23)

  • ニュース

お互いの口についたヨーグルトが気になる2人。 (2.22)

  • ニュース

カフェ&リゾート「DILETTANT」で愛犬と食事を楽しむ。 (2.21)

  • ニュース

フワフワなサモエドのスマイルが世界を救う。 (2.21)

  • ニュース

タロジロの奇跡から60年。知られざる“第三の犬”の正体に迫る感動のノンフィクション『その犬... (2.20)

  • ニュース

愛犬に「手づくり健康ごはん」をあげると起こる5つの「いいこと」とは? (2.19)

  • ニュース

フロリダ州のシンボルの一つは「保護犬・猫などの保護動物」 (2.18)

  • ニュース

新しい飼い主が見つからなければ「殺処分」という現実。 (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る