TOP>ニュース > その昔、「コウザキ様」という犬の神様がいた。

  • ニュース

その昔、「コウザキ様」という犬の神様がいた。

その昔、「コウザキ様」という犬の神様がいた。

日本では狩猟を生業にした人々をマタギと呼んでいました。マタギはマタギイヌという狩猟犬を使って猟をしていました。マタギが鉄砲で撃たなくても、小型の動物は利口なマタギイヌが獲ってきてくれたので、大切に飼育されていました。

マタギの村落では、マタギイヌはかなり高額で取引されていたようです。中でもアカと呼ばれるアキタは昔から猟が上手いと評判でした。


狩猟系のアキタは現在のアキタに比べて小型で目が細い 

猟は危険を伴い、大型の野生動物により、マタギイヌが亡くなる事故も多かったようです。九州の日向山地では、狩猟中に亡くなった犬を、コウザキ様という神様として祀りました。

自宅に石を使ったコウザキ様の塚を作り、御幣(ごへい)を祀りました。猟でイノシシが獲れると、肉の七切れを串にさして供え、猟の無事を感謝し、手を合わせました。

猟犬は単なる食糧確保のための道具ではなく、猟師にとっては野生動物と戦う大切なパートナーでした。寒い冬は暖かい土間に入れて、家族として大切に飼育していたようです。

猟師が犬を連れて猟に行き、たくさんの獲物を捕ると、犬だけ先に家に帰って土間に上がります。前足をトントンと動かし、たくさん獲れたという合図をして、家族に知らせました。

逆に獲物が獲れなかった時は、猟師とともに家に帰り、土間に上がらず、家の隅の方で静かにしていたそうです。忸怩たる思いがあるのか遠慮をしているのか、主人が食事に誘っても食べなかったというから健気ですね。


海外では猟に適する犬を盛んに作出してきました 

人間のために狩猟で命を落とした犬を神様として祀る風習は、日本だけのもののようです。犬でも神様になれる日本という国の、文化と風習。犬の飼い主にとっては、とても好ましく感じられます。

文/柿川鮎子

「犬の名医さん100人データーブック」(小学館刊)、「犬にまたたび猫に骨」(講談社刊)、「動物病院119番」(文藝春秋社刊)など。作家、東京都動物愛護推進委員)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

癒し効果抜群!?女性社員100%で愛される男の子犬「まるちゃん」 (9.20)

  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る