TOP>ニュース > 一秒でも長く生きていて欲しい【虹の橋を渡る日まで】

  • ニュース

一秒でも長く生きていて欲しい【虹の橋を渡る日まで】

虹の橋を渡る日まで

トイレを失敗することなんて、今までに一度もなかったから、驚いたし、ショックを受けた。見ていた私もびっくりしたけれど、一番びっくりして辛かったのは犬本人だったと思う。がっかりして、うずくまっていた。

「高齢犬の介護はトイレとの戦いになるよ」と獣医さんに言われていた。心構えはしていたけれど、うちの犬は本当にトイレがきれいだった。お母さんと「先生は大げさだね」と言っていたので、これから本当にトイレとの闘いになるのか、現実を突きつけられた気がした。

それでも、どんな姿になっても、私はうちの子と一緒にいたい。できればうちの子が普通に、毎日暮らせるようにしてあげたい。これから、できなくなることが一つずつ増えていくんだろうか。なんだか身を切られるように切ない。

最初に老いを感じたのは、ソファーに上れなくなったことだ。お父さんが台を買ってきて、ソファーの下に黙って置いたが、誰もそれについて話ができなかった。上れないのがあまりにも可哀想だったし、子犬の時と同じように元気で陽気な性格は変わらなかったから。

しばらくして、あんなに大好きだった散歩に行きたがらなくなった。私はてっきり病気かと思って、お母さんと動物病院に行って検査をしてもらったが、どこも悪くなかった。でも、先生はうちの子を見て、「高齢犬の介護はトイレとの戦いになるよ」と言ったのだ。

私には祖父も祖母も遠い人で、老いがよくわからない。老いていく悲しみや辛さがあったとして、それにどう対応すればいいんだろう。

一番怖いのは、老いの先に訪れる死だ。うちの子が死に近づいているなんて、絶対に思いたくない。いなくなるなんて、絶対に嫌だ。どんな姿になっても、ずっとうちの子でいて欲しい。

夜中、老いや死について考えていたら喉が乾いて、台所に行き、ついでにリビングで寝ていた犬を抱いた。嬉しそうに尾を振っていたが、しばらくして私の膝の上でうとうとしてしまった。可愛い寝姿は、子犬の時とおんなじだ。

犬は父親がペットショップからいきなり連れてきて、うちの子になった。誰にでも愛想がよくて、やんちゃで元気。トイプーらしさ全開で、何をするにも幸せを見つける天才で、私の気持ちを一番よく知っている。

これからトイレの失敗が増えて、目が見えなくなったり聞こえなくなったり歩けなくなるんだろうか。それでもいい。どんな姿でも、一秒でも長く生きていて欲しい。

犬が顔をあげて私の顔をペロッとなめた。涙をなめてくれたんだ。優しい子。こんな素敵な子がいなくなったら、私、生きていけないよ。どんどん涙が出てきて、ペロペロと忙しくなった。忙しく舐めているうちに、どんどん楽しくなってきたみたい。つられて、私も悲しい気分が吹き飛んだ。

ありがとう。トイレができなくなったって、いいや。歳とったって、犬くんなんだもん。これまでいっぱい私を幸せにしてくれた分、次はお返しできるね。そうか、介護はお返しなんだな。お返しできるっていいなあ。介護させてくれて、ありがとう。

ふと気が付くとお母さんがのぞいている。「何してんの」と言いながら隣に座る。犬くん、私とお母さんの二人に挟まれて、嬉しそうに尾っぽをブンブン振ってる。お母さんは優しく背中を撫でながら、「だーいすき」と言った。「それ、私が今言ってたことだよ」と言って、二人でゲラゲラ笑っちゃった。

「なんだよー夜中に二人して」とお父さんと弟もやってきた。犬は皆に囲まれて、興奮状態だ。嬉しくて嬉しくてたまらない、って顔をしている。そうだ、うちの家族、4人いるから、みんなで介護できるね。そして、老いた肉体を地上に置いて、いつか虹の橋に渡るんだな。その日まで、よろしく。

文/柿川鮎子

「犬の名医さん100人データーブック」(小学館刊)、「犬にまたたび猫に骨」(講談社刊)、「動物病院119番」(文藝春秋社刊)など。作家、東京都動物愛護推進委員)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

中にヒト入ってる…?アンパンマンカーを乗りこなす柴犬が現れる (11.12)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (11.10)

  • ニュース

いい湯だな〜♪ノリノリスタイルのワンコたち (11.10)

  • ニュース

身体にあてて病気を治すために使った犬「ショロ」 (11.9)

  • ニュース

平和が一番。今日も変わらず仲良しでした。 (11.7)

  • ニュース

犬を飼う「責任」を無言で訴えるショートフィルム“GIFT(贈り物)” (11.6)

  • ニュース

南米・アラワク族に伝わる民話「犬の恩返し」 (11.3)

  • ニュース

ポンコツな僕が「保護犬」を救いたいシンプルな理由。 (11.1)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る