TOP>ニュース > 東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」10

以前、PETomorrowのわんこと行くクルマ旅でも紹介している、日本の愛犬同伴型リゾートホテルの老舗中の老舗が、伊豆・河津のホテル四季の蔵。本館のイタリアンレストラン、オッキドーロの朝夕食のおいしさは、四季の蔵を訪れたわが家を始めとする多くの愛犬家から絶大なる評価を得ていますが、連泊などの場合、2食続けてイタリアンはちょっと・・・というゲストのために、くらの坊という、昭和初期の別荘をリニューアルしたアンティークな香り漂う、ホテル四季の蔵直営の和食処を併設しています。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」7

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」9

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」8

そんなくらの坊の元料理長、和食の達人が、つい最近、東京・千駄ヶ谷に創作和食店「MUTO Sendagaya」を2019年4月にオープン。立地は、今、東京オリンピックを来年に控え、建設真っ最中の国立競技場の目の前。ラーメン店のホープ軒のすぐとなり、と言ったほうが分かる人には分かりやすいかもしれません。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」15

くらの坊は全日、全席、愛犬同伴OKでしたが、ここMUTOの場合、愛犬を同伴できるのは土曜、日曜のみ(要予約、要確認)。しかし、それでも、都心の高級和食店で愛犬と店内で食事ができるお店など、そうあるものではなく、さすが、四季の蔵の直営和食処出身のオーナーの配慮だと思います。

四季の蔵を訪れ、くらの坊でお食事をした愛犬家、ランチなどでくらの坊だけを訪れ、大満足した愛犬家が、伊豆まで行かずとも、くらの坊の味を継承する、最高の創作和食を東京都心で味わえるのですから、これは、四季の蔵、くらの坊を知る、知らないにかかわらず、愛犬家の美食家にとっての大ニュースとも言えるのです。

和の情調ある玄関の重厚な木のドアをくぐると、そこは、外界と遮断されたかのような、高級感溢れる、しっとりとした静謐な空間が広がります。土日の場合、テーブル席、カウンター席、個室ともに、全席、愛犬同伴OKです。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」6
MUTOのHPより

 

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」11
今回は個室を予約しました

 

ディナーを予約した日は、実は、わが家のラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララと家族の(ボクの娘の愛犬です)、キャバリアのくるみちゃんの誕生日でした。特別な夜にしたい、ということで、気になっていたMUTOを訪れたのでした。

さて、かんじんのメニューですが、その日に仕入れた最高の食材で・・・ということで、季節を感じられるお・ま・か・せ が基本のようです。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」12

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」18

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」13

料理は初期のくらの坊時代同様、だしのきいたやさしい味。しかも、初めていただくような創作料理ばかり。どの料理もおいしく、大満足でした。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」2

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」3

同行した、PETomorrowのわんこと行くクルマ旅でマリアとララのスタイリストを務める、全国料理学校協会料理技術、FCAJフードコーディネーター、NPO日本食育インストラクターの資格があるnanaeさんが特に気に入ったのが、すだちそば、はものお造り、ぜんざい(絶品)、お碗だったそう。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」20

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」19

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」14

くるみちゃんは療養中なので、外食はできないのですが、バースデープレートを用意してくれたのには大感激(7歳のアイテムは持ち込み)。とてもぜいたくな空間、ゆったりと流れる時間の中、デザートまで、くるみちゃんをお祝いしながら、しっかり、おいしく(飼い主が)、ハッピーにいただいたのでした。今回は個室のソファ席でしたが、次回はくらの坊にもあるような、厨房一望のカウンター席を予約したいとのこと。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」5
バースデープレート

 

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」4
療養食を特別な許可をいただいて持ち込みました

 

東京オリンピックのための工事で場所的に駐車場を探すのは大変ですが(土日の神宮球場でイベントがある日は特に)、地下鉄・国立競技場駅からすぐ近くという立地がうれしいですね。オリンピックが始まれば、和食にあこがれる外国人で連日、一杯になるかもしれず、愛犬とゆったりと食事をして、なじみになるなら、愛犬家の都心の週末の隠れ家として、今のうちから足しげく、通ったほうがいいと思います。お料理の写真などの詳細は、お店のHP、インスタグラムでも確認できますよ。

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」16
くるみちゃんとくるみママ

 

MUTO Sendagaya
https://mutosendagaya.jp/

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

中にヒト入ってる…?アンパンマンカーを乗りこなす柴犬が現れる (11.12)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (11.10)

  • ニュース

いい湯だな〜♪ノリノリスタイルのワンコたち (11.10)

  • ニュース

身体にあてて病気を治すために使った犬「ショロ」 (11.9)

  • ニュース

平和が一番。今日も変わらず仲良しでした。 (11.7)

  • ニュース

犬を飼う「責任」を無言で訴えるショートフィルム“GIFT(贈り物)” (11.6)

  • ニュース

南米・アラワク族に伝わる民話「犬の恩返し」 (11.3)

  • ニュース

ポンコツな僕が「保護犬」を救いたいシンプルな理由。 (11.1)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る