TOP>ニュース > サンシャイン池崎さんの猫本が超絶に面白かったので、取材してみた。

  • ニュース

サンシャイン池崎さんの猫本が超絶に面白かったので、取材してみた。

サンシャイン池崎さんの猫本が超絶に面白かったので、取材してみた。

猫愛ダダ漏れの裏垢が大ブレイク

人気お笑い芸人のサンシャイン池崎さんがツイッターの裏アカウント 「サンシャイン池崎 超裏垢」をスタートさせたのは、今年の6月15日のこと。“悪口アカウント”という触れ込みに「最低だな!」と思いきや、これが、愛猫の風神(ふうちゃん)と雷神(らいちゃん)へのラブがあふれて、キレ気味になっちゃっているツイートだったのです。

これが愛猫家たちの話題になり、あっという間に本アカの倍以上という45万以上のフォロワーが付き、8月9日には、『空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編』という本まで出版されることに。8月29日には、池崎さんと愛猫との生活を動画で紹介するYouTubeチャンネル「ふうちゃんらいちゃんねる」も開設したそうです。

『空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編』(サンシャイン池崎:著、宝島社刊、税込み1,296円)。ちなみに「池崎のイエェェーイ編」というのがサンシャイン池崎的に正しい読み方とのこと

この本、Amazonのカスタマーレビューを見ると、発売直後から、めったに見ない4.9という高評価。投稿した20人中19人が5点満点をつけているのです(4点をつけた1人も、コメントは絶賛のみ)。そして帯には、あの『ざんねんないきもの事典』の大ヒットで有名な動物学者・今泉忠明先生の推薦文も! 

なぜにそんなに絶賛の嵐で高評価?と興味を抱き読んでみたら

これがめちゃめちゃ面白かったんです!

「初めてのハイパートイレ」「初めての脱走事件」「初めてのお薬」「初めての誤飲」「初めての爪切り」など、初めて猫と暮らす池崎さんといっしょにハラハラしたり、ドキドキしたり、喜んだり、笑ったりしているうちに、一気に読了してしまいました。そして読み終わった後には、池崎さんの幸せな猫ライフに癒されて、じんわりと温かい気持ちに…。

あまりに素敵な本だったので、この本がどうやって生まれたのか知りたくなり、宝島社の担当編集者・九内さんにお話をうかがいました。

このハイパートイレ、見かけ倒しじゃないかな?と思っていたけど、池崎さんが本で絶賛しているので、ものすごく欲しくなっています…

企画は裏アカブレイク前。ほぼゼロからのスタート

ふうちゃん、らいちゃんは池崎さんが2018年に、NPO法人「猫の森」から迎えた2匹の保護猫

お話を聞く前、じつは「裏アカ人気に便乗して企画した本では?」「池崎さんのSNSを集めて、パパッと作った本だったりして?」という疑惑を抱いていました…。でも九内さんによると、この本の企画が出たのは4月でまだ裏垢は始まっておらず、編集していた九内さんも編集作業中に裏垢のことを知ったそうです。

またSNSは文字情報が少なかったため、原稿に関してはほぼゼロからのスタートだったとか。ただ「池崎さんは芸人としてのキャラクターと違い、非常にまじめでしっかりされている方。文化人の方とお話をしているのと差がなかった」(九内さん)とのことで、制作はとてもスムーズだったそうです。

自宅での撮影では、池崎さんも猫ちゃんも全面協力。超スムーズで、担当編集者もびっくり

また本には自宅の写真がたくさん掲載されていますが、「芸能人が自宅での撮影を許可することは珍しいのですが、池崎さんは快く招いてくださって、驚きました。それにふうちゃん、らいちゃんが全く人を怖がらず、撮影がラクだったのも予想外でした」(九内さん)。

とはいえ、池崎さんは売れっ子芸人なので忙しそう。地方の仕事もあるだろうし、ちゃんとお世話できるのかな?という素朴な疑問も・・・。ところが九内さんが聞いたところによると、池崎さんは猫と暮らし始めてから、何日も家を留守にすることはないのだそうです。「まさに“猫ファースト”、猫中心の生活のようです。動物学者の今泉先生も、その点をとても評価されているんですよ」(九内さん)。

保護猫問題に触れるのは、芸人としてどうかな?とも思った

池崎さんは、子供の頃から家に迷い込んだ野良ネコと遊んでいたので、「引き取るなら保護猫」と決めていたそうです。ふうちゃん、らいちゃんを紹介してもらった縁で保護猫活動をしているNPO法人「猫の森」のボランティア活動にも参加するようになり、多頭飼育崩壊の家から引き取られた猫の世話や、譲渡会の手伝いなどをしているとか。

「正直、保護猫問題にまで踏み込むと真面目になりすぎて、お笑い芸人の出す本としてはどうなのか…という心配もあったのですが、池崎さんは『ぜひ保護猫問題を伝えたい』とおっしゃってくださいました。読まれた方の反響を見ると、結果的にはよかったと思っています」(九内さん)。

子供にも保護猫活動に興味を持ってもらえるよう、すべての漢字にふりがなが振られている

池崎さんの猫愛が力強く語られている帯。裏表紙には、2匹に出会った日、背中に乗られてノックアウトされている池崎さんの写真が

取材・文/桑原恵美子

取材協力/宝島社

関連サイト

宝島社チャンネル https://tkj.jp/book/?cd=TD297136&path=&s1=

「サンシャイン池崎 超公式」https://twitter.com/ikezaki_YEAH

YouTube「ふうちゃんらいちゃんねる」 https://www.youtube.com/channel/UCyuyJKfZs2siUQoz5qUR6xg

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫と子猫と少女。ちょっと変わった3姉妹。 (10.30)

  • ニュース

うちに来て幸せだった?亡き猫に伝えたい「ありがとう」 (10.30)

  • ニュース

素朴な疑問。子猫って自分の歯を飲み込んでも平気なの? (10.29)

  • ニュース

保護猫カフェから迎えたビビリ猫、「なでなで」まであと一歩! (10.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る