TOP>ニュース > 閉店間近!老舗青果店「みやぎ屋商店」の看板猫トロさんはどうなる?

  • ニュース

閉店間近!老舗青果店「みやぎ屋商店」の看板猫トロさんはどうなる?

閉店間近!老舗青果店「みやぎ屋商店」の看板猫トロさんはどうなる?

かつて、青果店の玉ねぎ、じゃがいもと並んでカゴにすっぽり収まった猫ちゃんがSNSで話題となり、大ブレイクを果たしたことをご存知の方も多いはず。


勝手に陳列したり、


店頭で行き倒れてることも笑

千葉県・八幡一番街商店街の老舗青果店「みやぎ屋商店」の看板猫トロさん。熱心で可愛すぎる店番が人気となり、テレビや雑誌にも取り上げられました。

SNSでも大人気のトロさんですが、ある日、青果店のツイッターにこんな告知が!

創業50年を超える、地元の方に愛された青果店が2019年8月で閉店するというのです。ということは、商店街のアイドル的存在だったトロさんと会えなくなってしまうのか?そしてトロさんはどうなってしまうのか!?

気になったので、お店に伺いました。

総武本線本八幡駅から3分。お店の隣にはサイゼリヤ1号店の記念館も。そこで最初に出迎えてくれたのは、この方!


地域猫のチビさん。20歳超のおばあちゃん!

たまにトロさんと一緒に店番をすることもあるというチビさん。黒猫好きで、おばあちゃん子の筆者にとってはこれ以上無い歓迎。人懐っこいチビさんをしばしナデナデしていると、、、


キタッ!!!

「ちょうどお散歩に行っちゃってたんで、連れてきました」青果店の女将・田口重子さんがトロさんを抱えてきてくださいました。ありがとうございます!それにしても結構大きい。

「今は推定8歳なんだけど、昔からガタイがよくて骨太で。体重は6キロぐらいかな」そう語る女将さんに大好きなお尻ポンポンをやってもらうと、SNSで人気の「しゃちほこ」状態に!


これが噂のしゃちほこ!


嬉しい悲鳴もあげております

今や多くのファンを魅了するトロさんですが、看板猫になったのは2012年。当時のことについて、娘の景子さんに話を伺いました。

「以前、店の裏が駐車場だったんですが、そこで保護したのがトロです。当時は生後8か月ぐらい。人を怖がらずキレイな猫だったので飼い猫だと思い、飼い主を探したんですが連絡が無かったんです」

「そしたら、猫好きの父が『この子はウチで飼う』と言い出して。そのままウチの子になりました」

家族に迎え入れたのは店長の雅章さん。幼い頃からワガママで主張の激しいトロさんだったそうですが、店長の抱っこと鞄でのお散歩が大好きだとか。


トロさんご満悦♪

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

どんな意味なの?飼い猫がお尻を向けてくる心理とは【猫クイズ】 (7.26)

  • ニュース

猫の爪研ぎを置くベストポジションはどこ? (7.26)

  • ニュース

ぬくぬくの猫を貸してくれるお店「ねこまん屋」の主人になりたい (7.26)

  • ニュース

フォトグラファーが伝授!猫を超かわいく写真におさめる方法 (7.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る