TOP>ニュース > 猫の生涯必要経費は平均約108万円!?増えているのは「お出かけ費」?

  • ニュース

猫の生涯必要経費は平均約108万円!?増えているのは「お出かけ費」?

猫の生涯必要経費は平均約108万円!?増えているのは「お出かけ費」?

「猫を飼うのをためらう最大の理由」はお金の問題!

「いつかは猫と暮らしてみたい」――そう思っていながら、いろいろな不安があって踏み出せない人も多いようです。一般社団法人ペットフード協会の調査(2018年)によると、猫を飼育しようとしている人がためらう要因のトップ3が「「集合住宅に住んでいて、禁止されているから」「お金がかかるから」「旅行などの長期の外出がしづらくなるから」(旅行については、そもそも「猫と暮らし始めると旅行に行きたい気持ちが無くなる」というのが私自身の実感ですが…)。

住宅要因もつまるところはお金の問題ですよね。つまり経済面での不安から猫と暮らすことをためらう人が多い、ということがいえそうです。そこで、「猫と暮らすと平均でいくらくらいお金がかかるのか」、調べてみました。

猫の生涯必要経費は、平均約108万円⁉

猫にかかる生活費については、さまざまな団体や企業のデータがあります。一般社団法人ペットフード協会の調査(2018年)によると、1頭飼いの場合、1か月あたりでかかる経費の平均は、医療費を含め6,236円。年間だと、必要経費は7万4832円。猫の平均寿命を15.32年として、室内飼いの猫の場合、生涯でかかる必要経費は108万1702円と算出しています(外にも出している猫は122万3802円)。

またアニコム損害保険株式会社では毎年、契約者に対してインターネットで、1年間にペットにかけた費用に関する調査を行っています。こちらの調査結果によると、年間で猫にかかる必要経費は約23万円と、ペットフード協会の調査額の約3倍。ちなみにこちらは、ペット保険の契約者対象のアンケートですので、ペット保険料(年間平均約3万円前後)もふくまれます。

増えているのは「お出かけ費」?

アニコム損害保険株式会社の調査では、前年比率も公開。前の年よりも増えている項目を見ると、最も多いのが「交通費」(222.8%)、次いで「光熱費(飼育に伴う追加分)」が163.7%。これは昨年が記録的な猛暑だったため、エアコン代でしょう。次が「首輪・リード代」(132%)、「ペットホテル・ペットシッター代」(119.9%)、「サプリメント」(113%)、「シャンプー・カット・トリミング料」(106.5%)。

犬と比べて外出の機会が少ない猫ですが、リードなどの支出額も増えているところを見ると、SNSで猫飼い同士の交流が盛んになっているのに伴い、外出の機会が増えているのかもしれません。またサプリメントや、美容に関する支出が増えていることから、猫の生活の質を高めることにお金をかける人が増えていることがうかがえます。

ペットフード代は年間1万円以下~3万円以上

一般社団法人ペットフード協会の調査(2018年)によると、1か月の必要経費6,236円のうち、ペットフード代が2,599円となっています。年間だと3万1188円となりますね。

ちなみに総務省の「ペットフードへの支出金額(平成26年)」で見ると、最も多い名古屋市で年間1万1536。ここでも大きさがあります。なキャットフードは安価なものも多くでていますし、健康志向が強く、人間と同様の素材を使ったヒューマングレードのフードを選ぶ飼い主も増えています。飼い主のライフスタイルや価値観によっても大きく違うということでしょう。

生活保護を受けていても猫と暮らせる?

もし将来、病気などで働けなくなって生活保護を受給しないと生活できなくなった場合、“贅沢支出”である猫を手放さなければならない…?そんなの悲しすぎる、と最悪の事態を想定してためらっている人もいるかもしれません。

生活保護法第60条では、「生活保護を受けている人は、常に、能力に応じて、勤労に励み(中略)生計の状況をきちんと把握するとともに、支出の節約をはかり、その他生活の維持及び向上につとめなければならない」となっています。しかし、犬や猫の飼育を禁止する規定はなく、生活保護費の範囲内で猫を飼育できるのであれば、全く、問題ありません。

飼い主として猫の健康や幸せに責任を持つため、ある程度のお金は絶対に必要です。とはいえ、超リッチな人だけが猫と暮らしているわけではありません。今回ご紹介したデータがおおよその目安になり、「これくらいなら大丈夫そう…」と一歩、踏み出すきっかけになれば幸いです。

文/桑原恵美子
参考資料/「ねこの法律とお金」(弁護士・司法書士 渋谷寛監修・廣済堂出版)

関連リンク
一般社団法人 日本ペットフード協会「平成30年 全国犬猫飼育実態調査
アニコム損害保険株式会社「毎年恒例! ペットにかける年間支出調査(2018年)
統計局資料「9月20日 ペットフードの日

取材・文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫が頭突きしてくる謎を解明してみた。 (2.23)

  • ニュース

猫「だ、だれ?こいつ…」初めての瞬間13選。 (2.23)

  • ニュース

ねこの日は過ぎて…【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.23)

  • ニュース

1週間後には完璧に猫のものに。無印の「人をダメにするソファ」は猫もダメにすることが判明 (2.22)

  • ニュース

猫の日だよ!猫と仲良く暮らす鳥とウサギと赤ちゃん大集合SP (2.22)

  • ニュース

にゃん にゃん にゃん【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.22)

  • ニュース

飼い主の代わりに愛猫の様子を見守る首輪『Catlog(キャトログ)』 (2.21)

  • ニュース

「重さ2kgの腫瘍」から生まれた、奇跡の猫コミック「猫パン日記」 (2.21)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る