TOP>ニュース > 猫と行くキャンピングカーの旅inブライスキャニオン国立公園

  • ニュース

猫と行くキャンピングカーの旅inブライスキャニオン国立公園

絶景に見とれた? キャンピングカーの旅@ブライスキャニオン国立公園

キャンピングカーと猫6

イエローストーン国立公園を目指す「猫と行く1カ月キャンピングカーの旅」。

鹿と友達になれた?!ザイオン国立公園の次は、黄金の大地にブクブクと妖精のような岩がそそり立つブライスキャニオン国立公園へ。

キャンピングカーと猫13

ブライスキャニオン国立公園内のキャンプ場は先着順。ですので、10時前に到着できるように行きたかったのですが、寝坊で到着が12時ごろになってしまい、残念ながらすべてのキャンプサイトがソールドアウト。仕方なく、近くのRVパークに宿泊しました。

キャンピングカーと猫12

キャンプ場とRVパークの違いを一言でいえば、国立公園内のキャンプ場はテント向きでフックアップ(サイトに水・電気・ダンプ)がないところが多く、RVパークはフルフックアップで、WIFIやシャワーなど設備が整っています。もちろん、値段もRVパークのほうが高いですが、RVパークのほうがキャンプ場より1サイトが狭く、自然の中というより公園という感じです。

キャンピングカーと猫6

今回宿泊した「ルビーズ・インRVパーク」は、ブライスキャニオン国立公園のゲートすぐ近く。しかも、ガソリンスタンドやスーパーなどが近く、便利な立地でした。

はじめはキャンプ場に泊まる気満々で「1泊だけRVパークに泊まり、次の日は国立公園内のキャンプ場に移動しよう」と思っていたのですが、ブライスキャニオンは標高が高く2、000メートル以上。ですので、昼間は暑くても、夜は寒く冷暖房の必要性を感じ、そのまま電気が使えるRVパークに連泊することに。

キャンピングカーと猫7

猫たちも日中の暑い中は、クーラーがつけられるRVパークほうが快適のようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

爪とぎは、猫にとって“精神安定剤”だった (4.12)

  • ニュース

「猫飼い主にプライベートはない」ことがわかる証拠写真 (4.11)

  • ニュース

猫が「あいつは地雷男だ」って教えてくれた。 (4.11)

  • ニュース

最後まで自分を信じることが成功への近道かも【心理テスト】 (4.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る