TOP>ニュース > 猫の口元にある「ω」って何ていうの?

  • ニュース

猫の口元にある「ω」って何ていうの?

猫の口元にある「ω」って何ていうの?

猫のもきゅっとした口元をみると、愛猫家が思わず笑顔に。しかし、猫の口元にある「ω」の部分の正式名称や役割を知っている方は少ないのでは?そんな疑問は本稿で解決!今回は、 猫の口元に隠された秘密を解説していきます。

「ω」の正式名称は「ウィスカーパッド」

猫の口元にある「ω」には「ウィスカーパッド(Whisker Pad)」という正式名称がついています。「ウィスカー」には“猫やネズミなどのひげ”、「パッド」には“詰め物と”いう意味があるのです。

ちなみによく間違えられがちな「マズル」は、動物の鼻先から奥歯あたりまでを指す名称。鼻や口元の周辺を示したいときに使われるので、「ω」を表したい時は、「ウィスカーパッド」という言葉を使いましょう。

「ウィスカーパッド」は猫の個性が表れる部分でもあります。例えば、同じキジトラでも「ウィスカーパッド」の色が異なることがよくあるので、似た猫がいて見分けがつかない…という時は、「ウィスカーパッド」に着目して区別してみるのもよいかもしれません。

「ウィスカーパッド」の役割は?

愛くるしい「ウィスカーパッド」が膨らんでみえるのは、ひげ1本1本の根元に液体の入った袋が1つずつ付いているような構造になっているため。「ウィスカーパッド」の中には神経も集中し、血液も多く流れています。こうした仕組みになっているのは、「ウィスカーパッド」で猫のひげをしっかりと支えるためです。

よく、おもちゃなどで愛猫と遊んでいると、「ウィスカーパッド」が盛り上がって見えることがありますが、これは猫が興奮状態になっているから。興奮状態になると猫のひげは前傾になるため、「ウィスカーパッド」も盛り上がって見えるようになるのです。ですから、目の前にいる猫が興奮しているかどうか分からない時は、「ウィスカーパッド」を見て判断してみるのもよいでしょう。

猫にとってひげは感情を示したり、自分の体が通れるかを知れたりする大切なパーツ。切ってしまうと、平衡感覚がなくなり、まっすぐ歩けなくなる危険性もあるといわれています。「ウィスカーパッド」は、そんなひげを支えているパーツ。たくさんの神経も集中しているからので、あまり触らないように気を付けましょう。愛くるしい見た目に惹かれてどうしても触りたい時は力を加えず、優しく丁寧に触れるように心がけてみてください。

また、猫のひげ周りは、もともととても敏感です。そのため、「ウィスカーパッド」だけでなく、ひげをひっぱったりすることも絶対に止めましょう。無理やりひげを抜かれると、猫が強い痛みを感じてしまいます。

名称があまり広く浸透していないからか、「ウィスカーパッド」は「ひげ袋」や「ふぐふぐ」といった呼び名で呼ばれていることもあります。こんな風に色々な呼び名があるのも、「ウィスカーパッド」の面白いところ。あなたの家では、どんな風に「ウィスカーパッド」を呼んでいるか、ぜひ振り返ってみてください。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る