TOP>ニュース > 「そんなバカな!」飼い猫を脱走させてしまった飼い主たちの失敗談

  • ニュース

「そんなバカな!」飼い猫を脱走させてしまった飼い主たちの失敗談

窓からの脱走は、災害発生時には一気に急増する!

2016年4月に発生した熊本地震では、九州出身である筆者の古くからの友人、知人も数名被災した。

中には犬や猫と暮らしていた人もいたが、避難所などではしばしば、脱走した猫を探している飼い主と遭遇することもあったようだ。

で、当時SNSでもよく見受けられたのが、「地震発生直後に揺れに驚いた飼い猫が窓のちょっとした隙間をこじ開けて逃げ出した」というつぶやき。

これはいち飼い主としても、かなり遭遇したくない事例である。

動物はパニックになると、普段以上に勢いをつけて脱走しようとする。

窓を施錠していても、揺れによって割れる危険性もあるだけに、もう一つ対策が必要になることを私たちに実感させてくれた。

強度の高いガラスの窓にするか、窓に割れた際の飛散を防ぐシートを張るなどしておくことで、こういう脱走事例は減らすことができるようになるだろう。

おわりに

飼い猫の脱走は、それ自体が大切な愛猫との今生の別れになるリスクをはらんでいる。

「脱走したって、すぐ戻ってくるよ」と楽観視している人もあるけど、100頭の猫が脱走して、100頭全てその後ちゃんと戻ってくるなんてことは、絶対にない。

迷子になってしまう飼い猫は必ず出るし、事故死する猫も出る。

だからこそ、まずは脱走させないための工夫と警戒が必要となる。

飼い主としては脱走そのものを防ぐための手段を講じる努力は必須だ。今のご時世、屋外は危険がいっぱいだ。

完全室内飼育を志すなら、とにかく努力、努力、また努力しかない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「大吉」よりありがたい「猫吉」とは? (2.26)

  • ニュース

「何してんの」見上げたら奇妙なポーズの飼い猫がいた (2.26)

オコジョちゃんたち3
  • ニュース

あずきシェフのじゃがいも料理を召し上がれッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.26)

  • ニュース

素朴な疑問。猫に「指紋」ってあるの? (2.25)

こちらを見つめるアメショ猫
  • ニュース

中国で流行した「猫鬼の呪い」その恐るべき実態 (2.25)

  • ニュース

【まんが】ある瞬間からふところに住み始めた猫 (2.25)

  • ニュース

こちょこちょするのね?【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.25)

  • ニュース

年齢や性別、健康状態、血縁関係、発情期…犬や猫のお尻のニオイは、情報の宝庫! (2.24)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る