TOP>ニュース > 飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣

人間がエイズに感染する場合があるように、猫にもエイズ感染のリスクがある。

空気感染しないのは人間のエイズと同じだが、猫の場合は喧嘩による咬傷などが原因で、次々にウィルスが伝染していくケースが多いそうだ。

そのため、ワクチンなどを打たれないまま多頭飼育世帯で飼育されている猫や屋外で暮らしている猫などは、常に猫エイズ感染のリスクに晒されていると考えておきたい。

ところで筆者はしばしば猫の譲渡会に出向いている。

すると稀に、猫エイズの個体が里親を募集していることがある。

実はこの猫エイズ。しっかりと個体を管理していれば、エイズウィルスのキャリア猫であっても、発症そのものを抑えることは可能なのだ。

だからこそ、里親募集に出されているキャリア猫がいるというわけだ。

猫エイズウィルスのキャリアでも、発症させなければ普通の健康な猫!

猫エイズは空気感染や接触感染をしない。

ウィルス自体がそこまで強くないため、そのリスク自体もないのだ。だから、たとえばの話になるがウィルスのキャリア猫と、ウィルスに感染していない猫が同じ食器で同じものを食べてもキャリア猫が増える可能性はかなり低い。

もちろん、キャリア猫が口腔内を怪我していて、食器に血液が付着しているなどの場合は例外となるが。

まあ、そうは言っても健康な猫と猫エイズウィルスのキャリア猫とを一緒に飼育しないということが、これ以上のキャリア猫を増やさないためには大事な処置となる。

その上で注目すべきなのは、猫エイズは発症しないままキャリア猫が天寿を全うする例も報告されているという点だ。

猫エイズというリスクを抱えていても、発症しなければ普通の猫と大差はない。

だから、たとえば譲渡会で里親として迎え入れた猫が猫エイズのキャリアであったとしても。たとえば屋外で保護した野良猫がキャリアだったとしても。

発症さえしていなければ、飼育自体は思ったほど難しくもないのである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る