TOP>ニュース > はじめて宇宙に行った犬と猫、その偉業と末路

  • ニュース

はじめて宇宙に行った犬と猫、その偉業と末路

はじめて宇宙に行った犬と猫、その偉業と末路

動物は人間の生活にとって、欠かすことのできない存在だ。

それはペットとして一緒にいるというだけの意味に留まらない。畜産だって動物なしには成り立たないし、医療技術の発展だって、薬の臨床試験には多くの動物が実験のために活用されている。

これらを「残酷だ」と軽蔑する気持ちは分かるものの、そうは言っても彼らの犠牲がなければ私たちの日常は成り立たない。難しい問題ではあるけど、個人的には仕方ないことと受け入れ、その業を人間が背負う必要があると感じている。

さて、今回は他にも、人間によって翻弄された犬と猫についての話をしたい。

はじめて周回軌道上に乗った犬、ライカ

1950年代から60年代の終わりにかけて、アメリカと旧ソ連は非公式ながら、宇宙開発競争を行ってきた。

人工衛星の打ち上げや、宇宙空間での動物の生命活動の維持についての研究など、この時期、冷戦下にあった両国はとりわけしのぎを削って競い合った。

そんな開発競争の真っ只中であった1957年の11月に、旧ソ連は1頭の犬を宇宙に送り出した。

その名はライカ。後に、はじめて周回軌道上を飛行した宇宙船に乗っていた犬として世界的に知られるようになる犬である。

周回軌道上への到達を意図しない弾丸飛行については、旧ソ連は既に1951年には成功しており、この際には搭乗した犬も無事だった(ただし、後の飛行で死亡している)。

目下の課題は、周回軌道上に到達すること。

ライカが乗り込むことになったのは、スプートニク2号という宇宙船であった。

この船はライカを乗せたまま無事に大気圏を突破し、地球軌道上に至り、悲願であった周回に成功している。しかしながらスプートニク2号には大気圏に再突入する機能はなく、1958年4月の再突入の際にバラバラに崩壊した。

ではライカはどうなったのか。

計画では、ライカは打ち上げから10日後に毒の入った餌をあたえられて安楽死という処置をされるということになっていた。だが、実際は打ち上げから数日のうちに船体の構造的な欠陥から来る高熱によって死んだという説と、打ち上げから数時間以内に、やはり過熱によって死んだという説もある。

宇宙に人類が進出するための貴重な犠牲者……と言えば聞こえは良いが。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る