TOP>ニュース > 甘く見てはいけない…猫の異食症とその対策

  • ニュース

甘く見てはいけない…猫の異食症とその対策

甘く見てはいけない…猫の異食症とその対策

ペットの行動は時として、飼い主の予測を大きく外れた動きを見せることがある。

それが洒落で済む程度のイタズラならまだしも、下手をするとペットの怪我や思わぬ事故に繋がることもあるので、油断は禁物だ。

特に猫は「なぜそんなものを」と思ってしまうような“食べられないもの”に強い執着を見せる場合がある。

紐やビニールなどを食べたがる猫がいることを、ご存知の方もきっと多いはずだ。こういった、食べられないものを食べようとする状態を指して、異食症と呼ぶそうだ。

猫の異食症はもっとも身近でもっとも危険?

さて、人間も異食症と診断されるケースがある。

そういえば子供の頃、テレビで土を食べる人を観た記憶がある。あれももしかするとテレビ向けのパフォーマンスではなく、異食症の人だったのかもしれない。

この異食症という症状は、猫の場合は人間よりはるかにその傾向が多く見られる。

我が家でも特に、ビニール袋に執着して、すぐに口の中に入れようとする猫がいる。

万が一飲み込んでしまえば消化できない物質であるので、吐き出すか、フンとして出てきてくれればまだいいものの、下手をすると腸閉塞などのリスクをあたえることになってしまう。

紐の場合も猫が好む代表的な異食症事例の源のようだが、これも吐き戻さないしフンにも混じらないという場合はかなり危険だ。

最悪の場合、手術をして取り除くことになるが、これも処置が遅れればそれだけ猫の体には大きな負担となってしまう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫を介した心の交流が泣ける『モノレールねこ』 (10.17)

  • ニュース

どう見ても猫…UMAにしれっと混じる宇宙動物エルバッキーに迫る! (10.17)

  • ニュース

猫に叱られたい人のためのロック画面なのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.17)

  • ニュース

肩乗りでお散歩の練習【ランドセル猫】 (10.16)

  • ニュース

「趣味は旅行ですにゃ」日本列島漫遊猫のスカくん (10.16)

  • ニュース

あずきを使ったスクラブがあるんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.16)

  • ニュース

老猫にはどんなキャットフードを食べさせればいい? (10.15)

  • ニュース

猫と飼い主の間には「絆がある」ことが科学的に証明された! (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る