TOP>ニュース > これからの季節は要注意!もしもペットが害虫に刺されたら…

  • ニュース

これからの季節は要注意!もしもペットが害虫に刺されたら…

飼い主が気づかないうちに刺してくるムカデやアブにも要注意…

先ほど紹介したハチの場合、ペットの性格次第では刺されるまで追い回すこともある。

そのためもしも部屋にハチが入ってくるなどしたら、飼い主がすぐに捕獲して追い出すことがトラブルを防ぐための基本的な対処になる。

一方でペットも気づかないうちに刺されてしまうというケースもあるので、こちらも油断できない。

たとえばムカデなどは就寝中のペットに接触して咬んでくることもあるし、アブもハチほど目立たないながら、結構な毒を持っている種類も。

そしてアブの場合は特に屋外飼育している犬を突然刺してしまう場合もある。刺さなくても血を吸うタイプのアブもいるため、どのみち注意はしておくべきだろう。

特にムカデ毒の場合は解毒が難しいうえにムカデ自体が飼い主にも発見されず、ペットだけがいつの間にか刺されてぐったりしているという事態が発生しがち。

害虫の出る季節においては、少しでもペットが具合を悪くしていたら「もしかして虫にやられたのかも」という危惧を抱いて診察を急ぐことが重要になる。

間違っても「ちょっと夏バテしちゃっただけかも」と見過ごさないことだ。

ムカデの毒って、人間ですら結構しんどい……。

おわりに

何度も繰り返しになるが、ペットが毒を持つ害虫にやられてしまった場合は、とにかくすぐに獣医さんに診てもらおう!

迅速な対処こそが、より早い回復につながる。

少しでも早くペットに元気になってもらうためには、面倒でも診察あるのみなのだ。

そして動物病院に向かう際には、移送中の温度にも気を遣いたいところ。なにせこの時期の気温も湿度も、具合の悪くなった動物には負担が強い。

病院に連れて行く際には、車で向かう際にはしっかりと冷房を入れ、ケージに入れたまま徒歩で向かう際にもタオルに包んだ保冷剤を入れたりして、熱射病などの二次被害を防ごう!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「保護施設って楽しい!」アーティスト小野裕人さんが発信し続ける理由 (10.18)

  • ニュース

目の前にカップがコロコロ。どこからきた?【猫と心理テスト】 (10.18)

  • ニュース

眠っているように死んでいた野良猫を見て思う人間の身勝手さ (10.18)

  • ニュース

大食い系ユーチューバー 木下だいず【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.18)

  • ニュース

猫を介した心の交流が泣ける『モノレールねこ』 (10.17)

  • ニュース

どう見ても猫…UMAにしれっと混じる宇宙動物エルバッキーに迫る! (10.17)

  • ニュース

猫に叱られたい人のためのロック画面なのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.17)

  • ニュース

肩乗りでお散歩の練習【ランドセル猫】 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る