TOP>ニュース > 内向的でインドア派…?猫好きな人にありがちな特徴!

  • ニュース

内向的でインドア派…?猫好きな人にありがちな特徴!

突然だけど、筆者は大の動物好きだ。

特に猫が大好きだ。

大きな猫、小さな猫、元気な猫、病気の猫。招き猫。猫ならとにかくみんな好きだ。

そんな筆者なので、猫好きの知人や友人も結構多い。そんな同好の士たちを見ていると、自分との共通点に気づくことも結構多い。

いわゆる、猫好きにありがちな特徴というやつだ。今回はその特徴の中から、割とよくあるものを紹介してみたいと思う。

犬好きに比べて明らかに内向的

まずは性格面から一番目につくポイントを挙げてみたい。

ズバリ猫好きって、犬好きと比較すると、どちらかと言えば内向的なタイプが多いと感じる。

これは筆者自身が完璧にそうであることを実感していると共に、猫好きの知人たちを見ていてもそう思える部分が多々あるからだ。

もっとも、内にこもってしまっているというよりかは、「外に出るより家にいるほうが楽しい」と感じるインドア派が多いというだけで、別に悪いことではないんだけどね。

まあ、内向的かそうでないかで言うと、前者になっちゃうのはしょうがない。

猫にも人にも、適切な距離感を好む

猫好きって、気まぐれな猫の態度をも愛しているという側面が強いと感じる。

猫は自分の都合で愛想を振りまいたり、飼い主を無視したりする。

そういう、良い意味で自分本位で適切な距離感を持つ生き物というものに、猫好きは惹かれる部分があるんじゃないだろうか。

人間関係はめんどくさい。

猫のように自分も、自分にとって適切な距離感で人と接したいと考える瞬間、猫好きには多いように思える。

つまり、猫好きってわがままな人がちらほらいるのだ。

猫が好きであればあるだけ、内面も猫に感化されて、そうなってしまうものなのかも知れない。

猫に会いたくてすぐに帰宅しがち

猫が待っていようといまいと、飲み会やデートなどで帰宅が遅くなるのを嫌うという人は多い。

猫としては飼い主が帰ってきたら一応歓迎はするけど、別にそこまで、それこそ犬のように喜んだりはしない。ドライな生き物だ。

だけど猫好きってそういう反応も込みで猫が大好きなので、飼い猫に一刻も早く会いたいがために、さっさと帰路につきがちである。

それこそ、飼い猫に早く会いたいという理由で、残業が当たり前だった職場を辞めてしまった友人もいる。

この友人はちょっと極端だけど、まあそれぐらい猫好きは猫への執着が強いということなんだろう。

おわりに

といった具合に、今回は猫好きあるあるを挙げていったわけだけども、もちろん猫好きながら「私は当てはまらないなぁ」と感じた方もいたに違いない。

だけど自覚がないだけで、やっぱり猫好きって今回紹介したような特性がどこかしらに備わっている。

猫好きはみんな、内向的でわがままで、愛猫に会いたくて会いたくてたまらないと感じる部分があるのだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫と自転車をコンセプトにしたデザイナーズ賃貸「feel CnB」 (4.15)

  • ニュース

ネットで注文した猫のおもちゃが小さすぎた件 (4.14)

  • ニュース

見事にピーン!ちょっとおかしな行動をするペット15選 (4.14)

  • ニュース

アナフィラキシーショックに注意!愛猫のワクチン接種時に気をつけたい副作用 (4.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る