TOP>ニュース > そのペットホテルは大丈夫?悪質なペットホテルを見抜くためのポイント

  • ニュース

そのペットホテルは大丈夫?悪質なペットホテルを見抜くためのポイント

預けたあとでは遅い。悪質なペットホテルを見抜くためのポイントとは?

ペットと暮らすようになると毎日に素晴らしい彩りが加えられることになる。言葉は通じなくても、信頼しあえる関係を構築するというのは、本当に素敵なことだ。

ただ、ペットと暮らしているからこそ、制限されることもいくつかある。

たとえば旅行。

1泊2日程度の小旅行であれば何とかなるものだけど、数日から数週間にかけての旅行となると、これがなかなか難しい。

家でお留守番させるのも心配だし、誰かに預けるにしても、その人に動物についての知識がなければこれまた心配。

だったらプロに任せるのが一番だ。幸い今では全国各地にペットホテルが点在しているから、近所のペットホテルに大切な家族を預けることで、多少は気兼ねなく旅行に出かけることはできる。

でも、全てのペットホテルが利用者に安心をあたえてくれるわけでもないのが悩みの種。今回は、悪質と言わざるを得ないペットホテル。その見抜き方について、利用者の観点から紹介していこうと思う。

■預けたはいいが、ペットがどう過ごしているかを連絡してくれない…

本題に入る前に、ちょっとこれまで遭遇した対応の悪いペットホテルについての経験談を紹介させてもらいたい。

筆者も以前、何度かペットホテルに飼い猫を預けて、遠隔地に取材に出かけていた時期がある。

この際のペットホテル選びには難儀する部分も多かったわけだが、特に心配なのは“預けている間の飼い猫の様子”だった。

ほとんどのホテルは、逐一経過報告をしてくれるけど、中には一切連絡をよこしてくれないホテルもあった。

「ちゃんとご飯食べてるかな」と不安になって電話で問い合わせをしたものだ。

こういう、ちょっとしたところに気が回っていないペットホテルというのは、利用者にしてみれば悪質と言うほどではないにせよ、不満が残る。

預けたペットの管理が行き届いていない…

それからこれこそまさに悪質な事例なんだけど、以前筆者の知人が近所のペットホテルに犬を預けた際、その翌日に脱走の報告を受けて散々な目に遭ったという話を聞いた。

預ける時点でペットホテルの匂いがちょっと気になって「管理がずさんかも」と不安になっていたようだが、それでも預けてしまったことをかなり後悔していたのが印象的だった。

ホテル側は一応型通りの謝罪と返金はしたものの、お金の問題じゃないんだよね。

結局脱走した犬について、ホテル側の従業員はほとんど捜索に参加せず、知人は自力でビラ配りをして、なんとか再会することができた。

預けたペットを逃がしてしまうという失態を見せるペットホテルは、この1軒だけではない。
同じような話はいくつか耳にしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る