TOP>ニュース > 世界中でコラ三昧になった「ながーい猫」を知ってる?

  • ニュース

世界中でコラ三昧になった「ながーい猫」を知ってる?

世界中でコラ三昧になった「ながーい猫」を知ってる?

ご存知の方も多いはず。かつて大量のコラ画像がネット上を埋め尽くした「ながーい猫」、別名「のびーるたん」。


この画像を元にコラ画像が大量生産されました笑 「longcat」で検索!

その胴体の長さに可愛いを超越してしまった張本人(猫)が今再び注目されています!
きっかけとなったのが、みーこさん(https://twitter.com/miyabi_2222)のこのツイート。

十数年越しの再会に「懐かしい!」「コラを壁紙にしてた」「日本の猫だったのか!」と多くのコメントが。筆者もその懐かしさに感極まり、伝説の猫ちゃんの“今”に迫るべく、みーこさんにお話を伺いました。


ながーい猫の名前は『のび子さん』17歳♪

–のび子さんとの出会いから教えて下さい

「2002年5月、主人がバイクで走っている時にセンターライン上で寝ているのを発見、懐に入れて連れ帰ってきました。当時ののび子さんは、ガリガリに痩せて、毛もねずみ色のバサバサでしたが、我が家でご飯を食べ、お風呂に入っているうちに真っ白なフクフクの猫に!」

「その後、伸びた画像を掲示板に投稿したら「のび~るたん」という愛称を頂きました。そして『のび子』と書いた箱に入った画像を投稿してから『のび子さん』になりました」


これがその画像!

「でも、本名は『シロ』です笑」


「えーーーーー!!!?」

そんな、のび子さん(本名シロさん)は若い頃からお転婆で障子をバリバリ破りながら駆け登るような猫だったといいます。今は、おばあちゃん猫のため、ベッドの上や椅子の上にあがるぐらいだとか。


あざとい表情もカワイイ♪

–のびーる猫として話題になった時の率直な感想は?

「最初は私も、自分が投稿している画像掲示板の住人の方たちと一緒にコラで遊んでいたのが、いつの間にかその掲示板を飛び出してあちこちでコラが作られるようになり、本当に驚きました。そのうち海外でもコラが作られるようになり、いろんな方に愛していただきました。我が家の猫がたくさんの人に愛されていると知ってとても嬉しかったです」
–今回、再び話題になって反響は?

「たくさんの方から「まだ生きてたんだ!嬉しい!」とのコメントをいただいたり、当時、画像掲示板で遊んでいた方々との懐かしい再会もあって、本当に嬉しかったです」

そんな、のび子さん、やっぱり普通の猫よりも大きいのでは?みーこさんに聞いてみると、、、、


たしかに長いけど・・・

「のび子さんは実は小柄な猫で、今一緒に暮らしている7匹の猫たちの中では2番目に体格が小さいです。若くて一番重かった時の体重は3.5kgくらい。今の体長は伸ばした状態で頭から足まで65cmくらいです」

–のび子さんとのエピソードで印象的なものは?

「やはり出会いでしょうか。道路の真ん中のセンターラインの上に、両手に乗るくらいのサイズの白い子猫が熟睡してたところを主人が発見。このままでは車にはねられてしまうと思い、連れて帰ってきたことですね。ちょうど先代猫を亡くして1ヶ月後くらいの頃でした」


助けてくれたご主人に感謝♪

「のび子さんは耳が不自由で音がまったく聞こえないので、車が通る道の真ん中で平気で寝ていたのかも知れません。車にはねられる前に保護できて、本当に良かったと思います」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人気バンド「flumpool」のドラマー、小倉誠司さんの愛猫ライフを直撃! (5.13)

  • ニュース

毛並みを完璧にセット!2 in 1のペットドライヤー・ブラシ「Sumataco Z9」 (5.13)

  • ニュース

猫を飼う上で一番難しかったことランキング3位「しつけ」2位「接し方」1位は? (5.12)

  • ニュース

映画鑑賞する2人【仔猫を拾ったので】 (5.12)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る