TOP>ニュース > 猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」

  • ニュース

猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」

猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」

愛猫を一生、大切にしたい…。猫と暮らしている方は日頃から、こうした思いを抱かれているはず。しかし、時には飼い主さんが気づかないような些細なことが原因となり、猫が怪我をしてしまう場合があります。そこで本稿では、室内に潜む思わぬ危険を解説。猫の身体を守るために役立ててみてください。

室内に潜む4つの危険ポイント

①排水溝の生ごみ

キッチンへ猫が自由に立ち入れる場合は、排水溝の生ごみを誤って口にしてしまわないように注意。生卵や豚肉、ネギ類、青魚など、人間にとってはおいしく感じられる食材の中には猫の健康を害してしまうものもたくさんあります。排水溝の生ごみは食後にこまめに処理し、猫が漁れないようにしていきましょう。

もし、猫がキッチンシンクの中に入ってしまうようであれば、100均のワイヤーネットで防御。上に重しを乗せれば、ワイヤーネットはずらされにくくなります。

②その観葉植物は大丈夫?

観葉植物はお部屋をオシャレに彩ってくれるアイテム。しかし、猫が中毒を起こすものも多く存在しています。

例えば、ユリ科の植物。花だけでなく花粉や茎、葉、球根に強い毒があり、生けた花瓶の水を飲んだだけで猫が中毒症状に陥ってしまうほどだと言われているので要注意。

お部屋に緑が欲しいときはパキラやガジュマル、サンセベリアといった観葉植物を選ぶようにしましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ゴジラみたいな巨大猫現る!大怪獣になっても猫は最高の天使だと気づいた (3.8)

  • ニュース

今やろう!「猫の脱走防止対策」&手軽にできるDIY例 (3.7)

  • ニュース

猫の神様、私と猫吉はずっとこのままで、お願いします。 (3.7)

  • ニュース

「黒猫と暮らすと、プロポーズが殺到する」って本当!? (3.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る