TOP>ニュース > 猫の妊娠・出産・子育ての、ちょっとショッキングな事実

  • ニュース

猫の妊娠・出産・子育ての、ちょっとショッキングな事実

猫の妊娠・出産・子育ての、ちょっとショッキングな事実

猫の発情期は、春だけじゃない!?

春は猫にとって、恋の季節。ひらたく言えば外で暮らす猫たちが出合い、交尾して子どもをつくるシーズンです。

猫の発情期は基本的に、早春と初秋の年2回。でもその間にも起こることがあり、多い時で年4回も発情期が来ることもあります。発情期間は1か月から1か月半で、メスがフェロモンをまき、そのフェロモンにオスが反応します。

メス猫の妊娠率がほぼ100%の理由

猫の交尾は数分で終わりますが、最後はメス猫の叫び声で終わります。これはオス猫のペニスにはトゲがあり、引き抜く時にかなりの痛みがあるため。なぜそんなものがあるかというと、その痛みによる刺激で排卵が起こり、メスが確実に妊娠するため。ですからメス猫は交尾すると、ほぼ100%妊娠するのです。

最多で、年に18匹も出産可能

妊娠期間は63日~65日で、年に2~3回出産できます。1回の出産で子どもは4~6匹ですので、外で暮らすメス猫が避妊手術をしないと、1年で最大18匹もの子猫が生まれてしまいます。また妊娠期間中に外で暮らす母猫は、胎児に栄養を与えるため、いつもより多くのごはんを必要とします。外で暮らす母猫は食べ物を求めて、いつもより危険をおかすことも…。

妊娠中、母猫にはこんな変化が

母猫は妊娠20日くらいで乳首の色が変わりはじめ、妊娠30日くらいで乳房やおなかが膨らみ始めます。妊娠50日目くらいから胎動を感じ始め、妊娠60日くらいで母乳が出始めて、63日から65日で出産するのです。

子猫は「子別れ」で、大人の扉を開く

猫は生後7~8か月くらいになると、成猫と同じ身体能力を持つようになり、発情期を迎えます。子猫と呼ばれるのはこのころまで。

子猫が成長すると、母猫は子猫を攻撃して、自分の縄張りから追い出します。子猫はまだ甘えたいので悲しみますが、でも自然界では、猫は独立して自分の縄張りを持たなければ、生きていくことができません。一方、飼い猫の場合はこの「子別れ」が無いので、一生にわたって子ども気分でいる猫も多いようです。

参考資料/「ねこの事典」(監修:今泉忠明、成美堂出版)

文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

オーディション【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.28)

  • ニュース

いまさらだけど、猫の体ってなんであんなに柔らかいの? (5.27)

  • ニュース

ハンモック争奪戦に勝利した顔【ランドセル猫】 (5.27)

  • ニュース

暴れるだけ暴れた猫が警戒心ゼロの寝相で爆睡! (5.27)

  • ニュース

ピアノに問いかけてみて?【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.27)

  • ニュース

ポイポイ捨てられてた子だから名前は「ポポイ」 (5.26)

  • ニュース

生きる国宝! 猫界No.1の色気を誇るターキッシュアンゴラがエレガントすぎてビビる (5.26)

  • ニュース

ウンチョスは自粛しなくちゃなのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.26)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る