TOP>ニュース > 猫を飼うのをすすめない11の理由って何?

  • ニュース

猫を飼うのをすすめない11の理由って何?

猫を飼うのをすすめない11の理由って何?【ブックナビ】

1.人生の8割をもっていかれる

2.スマホやPCの写真フォルダを劇的に圧迫

3.布団でまともに眠ることはできない

4.トイレだろうが何だろうがプライバシーはなくなる

5.座ろうとしたり寝ようとしたりする場所にはだいたいいる

6.部屋をおしゃれにしたり、置きたいものを置いたりできない

7.やばい顔をしているときがちょこちょこある

8.極論、家を失う

9.休日が体感5分くらいになる

10.飼う前に思い描いていたよりはるかに人間感が強い

11.ふと見渡すと、そこには幸せしかない

(引用、プロローグ「読む前に覚えておいてほしい、猫を飼うのをすすめない11の理由」より)

7匹の猫と暮す「猫マスター」の著者が、個性豊かな猫たちと繰り広げる爆笑必至のエッセイ「猫を飼うのをすすめない11の理由」(響介著、サンマーク出版刊、本体1200円+税)が発刊されました。猫を飼っている人ならば、書いてある内容すべてにおいて激しく同意せざるをえない、圧倒的な共感に満ちた一冊です。

私は著者が家を買った後、「毎日が、幸せという言葉では表しきれないほどの、幸せを得ることになった」という言葉に、一番共感できました。そう、猫と暮らすと、幸せなのです。でも、その幸せは、やはり、何かを犠牲にした上で得られるものでもありました。

これまでたくさんの猫の本が出版されてきました。猫はけっして「可愛いだけの生き物ではない」と、どの本にも書かれています。でも、これほど猫と暮らす毎日をリアルに描いて、共感を得られた本は他にありません。

例えば、

・猫は飼い主の大事なものをしっかりと理解し、どのくら大事かわかっている。それがなくなると、どのくらい困るのかも。

・猫じゃらし、一回降ったら最後、一時間振ってるよ?

・猫の細かい動作一つひとつすべてに意味があり、歴史がある。

・猫にとって飼い主は猫用品、便利グッズみたいなもん。

これらの著者の言葉に、異論がある飼い主さんはいないでしょう。

猫を飼う上で、あなたの人生がガラッと変わってしまう、数々のことを紹介しながら、猫と暮らすとこんなに幸せだと教えてくれる大切な一冊。猫好きさんにも、そうでない人にもおすすめしたい本でした。

近況は著者響介さんのツイッターとブログ「変顔猫リュックと愉快な仲間たち」でも紹介されています。また、ブログでは本を作成した際の裏話も掲載されていました。

 

文/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

科学的に効果が検証された猫専用音楽を、わが家の愛猫に聴かせたら…? (11.28)

  • ニュース

なんで猫って靴下の臭いを嗅ぐの? (11.28)

  • ニュース

「やめて!」思わず叫んだ。「理不尽」と言われようとも別れに一点の後悔なし (11.28)

  • ニュース

猫がのどを鳴らすゴロゴロ音にはすごい効果があった? (11.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る