TOP>ニュース > 猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選

  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選

いくつ知ってる?猫のトリビア10選

トリビア1…猫には「指紋」の代わりに「ヒゲ紋」がある

猫のヒゲは、顔の両側に沿って12本ずつ、3段に分かれて生えていますが、その生え方は、猫によって異なっています。人間にとっての指紋のようなものだという学者もいます。

トリビア2…ヒゲは目の代わりをしてくれる

猫のビゲは、重要な触覚器官。根本には神経が集中していて、ヒゲの先端部分には感覚受容器があります。触れるだけでなく、空気の流れや温度の変化まで感じることができ、暗闇の中では目の代わりをします。病気やケガで目が見えなくなった場合も、ヒゲが目の代わりを果たすのです。

トリビア3…青い目の白猫は、生まれつき耳が聞こえない可能性が高い

青い目と白い毛の遺伝子は、猫の耳の中にある蝸牛の奇形をもたらす可能性が高いため、生まれつき盲目の確率が高まります。片方の目だけが青い白猫は、青い目のほうの耳が聞こえなくなる確率が高くなります。

トリビア4…猫は生後2週間まで、耳が聞こえない

生まれたばかりの猫は耳がふさがっていて、聴覚がありません。外耳道が開き始めるのが生後5日目で、生後14日過ぎには音の方向を識別できるようになりますが、完全に発達するのは生後1か月くらいです。

トリビア5…猫は、近すぎるものは見えない

私たち人間は、目の中にある水晶体というレンズを調整することで、物体までの距離に関係なく焦点を合わせることができます。ところが猫の場合、水晶体の形が固定されているため、25cmより近いと見ることができません。目の前のごはんを識別できるのは、嗅覚とヒゲの触覚のおかげなのです。

トリビア6・・・猫は紫外線を見ることができる

虫は花弁が反射する紫外線を見て、蜜のありかを探し当てますが、猫にも紫外線が見えることがわかっています。コピー用紙や洗剤に使用されている蛍光塗料は、紫外線を吸収して光を放ち白く見せています。そのため私たちが見ている白いものは、猫にはまったく違って見えているのだとか。

トリビア7…猫は、自分の体長の5倍までジャンプできる

猫は後ろ脚の筋肉がとても発達しているため、自分の体長の5倍まではジャンプできます。それより高いところに行きたい時は、ジャンプではなく前脚を使ってよじのぼります。

トリビア8…猫には、テレビの動画はコマ送りに見える

人間にはテレビの動画が流れるように見えますが、猫にはコマ送りで見えています。

トリビア9…人間に聞こえない鳴き声がある

猫のほうが人間より聴覚が鋭く、猫は人間には聞きとることができない高い声「サイレントニャー」で鳴くことがあります。

トリビア10…生涯にわたって「ニャー」と鳴くのは、飼い猫だけ

野生の場合、「ニャー」と鳴くのは、子供が親に何かをねだる時だけ。成熟して独り立ちした猫は「ニャー」ではない、別の鳴き声を使うようになります。生涯にわたって「ニャー」と鳴くのは、飼い猫だけの特殊な習性といえます。

参考資料/「ねこの事典」(監修/今泉忠明、成美堂出版)「猫の心と通じ合う技術」(サリー・モーガン著/得重達朗訳/エクスナレッジ)
文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

甘えん坊な子が多い「アビシニアン」にはどんな特徴がある? (10.17)

  • ニュース

猫の食欲がなくなった時は、どんな病気の可能性がある? (10.17)

  • ニュース

私に最初に死を教えてくれたのは猫だった。 (10.16)

  • ニュース

猫をおとなしくさせるには、首の後ろをつかむのが効果的? (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る