TOP>ニュース > 「さくらねこ」について、今知っておきたい最適な付き合い方

  • ニュース

「さくらねこ」について、今知っておきたい最適な付き合い方

「さくらねこ」について、今知っておきたい最適な付き合い方

先ごろ、公益財団法人「どうぶつ基金」は、毎年3月22日を「さくらねこの日」に制定したそうです。

不妊・去勢手術を経て屋外で暮らしている地域猫たちの耳は、先端が判別のために意図的にカットされています。

これが桜の花びらに見えることからさくらねこと呼ばれるわけですが、そうした猫たちについての知識を深めてもらうための、これは大きな一歩となりそうですね。

普段から猫と暮らし、屋外で生活せざるを得ない猫たちの実情を知っている方々にとっては知っていて当然という情報も、一般の方々にとってはなかなか知る機会がありません。

「さくらねこの日」の制定は、まず基本的な知識を多くの方々に得てもらうために、重要な足がかりになることを願いたいところです。

さて、さくらねこと言えば、昨今は地域猫と呼ばれて、各地で一代限りの命を多くの近隣住民によって見守られている存在ですよね。既に十分この猫たちについて知識があるという方にとっては今更かもしれませんが、今回はこのさくらねこに対して、どういった付き合い方が適切なのか。

それを説明させていただければと思います。

基本的には見守るだけでOK!それがさくらねこ

耳カットをされ、避妊・去勢された猫たちがいるということは、ここ数年でメディアが紹介することも増えてきました。そして折からの猫ブームもあって徐々に一般的にも認知されています。

ただし、同時にこういった猫に対して、過剰に干渉する方がちらほら目につくようになっているのも事実です。

たとえば、さくらねこについての基本的な知識は有しているものの、「かわいそう」という気持ちが先行してしまって餌をあげてしまう方。正直全国どこにでもいます。

でもさくらねこって地域の保護団体や近隣住民が協力して避妊・去勢手術を行っていますし、餌だって交代で毎日あたえていることがほとんど。

だから基本的に、常に生きていくには問題のない量のご飯は食べていると考えてもいいのです。

むしろ色んな方からご飯をもらい過ぎると、肥満猫になってしまいますし、現にそういう地域猫のコミュニティもあるんですよね。

さらには、さくらねこによっては投薬治療が必要な個体も多く、そんな猫たちがお腹いっぱいになってしまうと、ボランティアの方が薬と一緒にご飯を提供しても、食べることができなくなります。

さくらねこに、少しでも穏便に暮らしてもらうためには、「かわいそうだから」と餌をあたえないで、見守ること。

これが大事になるというわけですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る