TOP>ニュース > 室内飼いでも猫ワクチンはさせるべき…?

  • ニュース

室内飼いでも猫ワクチンはさせるべき…?

室内飼いでも猫ワクチンはさせるべき…?【ねこのはてな】

近年、猫は完全室内飼いの子が多く、「外に出ないのだから、ワクチンは打たない」「病院に行くのを嫌がるからワクチンはパスしている」という声を耳にすることがあります。でも、ワクチンは本当に打たなくていいのでしょうか。まずは、ワクチンが持つ意味を知っておきましょう。

なぜワクチンを接種したほうがいいの?

猫の感染症には、猫ウイルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、クラジミア感染症、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)があり、それらの病気を未然に予防するためにワクチンを接種します。ワクチンには、単独(ひとつの病気だけに効くもの)もありますが、3種、5酒、6種、7種のように複数の病気を予防する目的のものもあります。

では、ワクチンを打ったから100%感染や発症を予防できるのかといえば、残念ながらそういうわけではなく、なかにはワクチンを接種したにも関わらず感染してしまう猫もいます。しかし、ワクチンを接種することで、感染症を高い確率で予防することができることも分かっているのです。いったん感染すると死に至る感染症。やはりワクチンは欠かせません。

初回ワクチンはいつ接種すればいい?

子猫は、母猫の母乳を飲むと、初乳に含まれる抗体、すなわち初乳抗体をもらうことができます。この抗体があるうちはワクチンを打っても効果を得られないので、生後2ヶ月~4ヶ月の間に数回ワクチンを接種するといいと考えられています。いつからワクチンを打てばいいのか、どれくらいの間隔で何回打てばいいのか、獣医さんに相談して決めましょう。子猫の時、複数回ワクチンを接種したら、その後は1年に1回ワクチンを接種すればいいでしょう。免疫は徐々に無くなっていくのですが、年に一度ワクチンを接種すれば、免疫力を保つことができます。

生ワクチンと不活化ワクチンの違い

ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンは、猫ウイルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症を予防する「3種混合ワクチン」のみが製造販売されています。無毒化もしくは弱毒化されているのですが、不活化ワクチンに比べ、発熱や皮膚の腫れなどの副反応が大きく出る可能性があります。予防効果は、生ワクチンのほうが大きいと言われています。どのワクチンを接種するかは、獣医さんに相談してみましょう。

接種しても完全に感染症から守ることはできませんが、大きな予防効果が得られるワクチン。正しい知識を持って、獣医さんに相談しながら、室内飼いしている猫でも、年に一度は接種するといいですね。

 

参考図書 「うちの猫の長生き大事典」石野孝著 学研

文/渡辺陽

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「そんなバカな!」飼い猫を脱走させてしまった飼い主たちの失敗談 (7.23)

  • ニュース

細かいことは気にしない。おじさん座りするアメショ―が超キュート! (7.23)

  • ニュース

だいずに勝ってウレシイのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.23)

  • ニュース

夏だから「花火」の話【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.22)

  • ニュース

もしも飼い猫が失踪したら?その地域の野良猫にお願いすると協力してくれるという噂は本当なのか (7.21)

  • ニュース

しろねこを目指すくろねこ【仔猫を拾ったので】 (7.21)

  • ニュース

バットマン?4つ目小僧?びっくり模様の猫15選 (7.21)

  • ニュース

コンビ芸【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.21)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る