TOP>ニュース > 突然、飼い猫の目に濁りが…これって何?

  • ニュース

突然、飼い猫の目に濁りが…これって何?

突然、飼い猫の目に濁りが…これって何?

突然ですが、猫同士のじゃれあいって見ててハラハラしませんか?

じゃれあうにしても、結構どたばたと取っ組み合いをするものですし、時にはお互い意地になっていつまでも戦い続けていますし……。果てはどちらかが降参する頃には、どっかしらに傷ができているなんてことも、正直そこまで珍しい話ではありません。

まあ、大抵の場合はそこまで酷い怪我を負うほどの戦いには発展しないのですが、心配なのは目の怪我です。
猫は顔に対して目の比率が人間より大きい生き物ですが、ご存知のように猫の4本の脚の先には鋭い爪が備わっています。

時として、この武器が目を直撃してしまうこともあります。

猫の目の濁りは若い個体の多頭飼育の宿命かも…

実際我が家でも、しばしばじゃれあいの果てに目を負傷してしまう猫がいます。

そしてこうなると、この画像(※このあたりに「図2」を挿入していただけると助かります…)のように、片目だけ黒目の色合いが薄くなり、白内障、緑内障のように見えてしまうようになってしまいます。

十太郎の場合は向かって右側、左目が怪我によって黒目が薄く濁ってしまっていることが確認できると思います。

また他にも、目を怪我した猫をよくよく観察すると黒目と白目の境が曖昧に見えたり、眼球の表面近くに濁ったような傷も見ることができます。

特に目の濁ったような傷は、猫の目を横から確認すると分かりやすいでしょう。このような怪我は、まだ若くて活発な個体を数頭飼育している世帯においては、なかなか完璧には防げないものかもしれません。

若い個体。特にオス猫の場合は、去勢していてもじゃれあいや軽いケンカに至る頻度も高く、何度も目を怪我しても懲りてくれません。

この画像の黒猫、十太郎はこれまでに、もう何度も他の猫たちにケンカを吹っかけては目を怪我してしまい、同じような症状を見せています……困った奴です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

だっこ嫌いな愛猫を変えた「3つのだっこルール」 (3.26)

  • ニュース

猫との散歩、リード1本では安心できない説 (3.26)

  • ニュース

アレルギーっていろいろあるわよねッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (3.26)

  • ニュース

苦味、甘み、酸味…猫が感じられない味はどれだ?【猫クイズ】 (3.25)

  • ニュース

可愛すぎて食べれない。猫いっぱいのスイーツBOOK (3.25)

  • ニュース

一緒に暮らすからこそわかる”ワン””ニャ”... (3.25)

  • ニュース

猫さんの前で死んだふりをしたら?【ねこの写真で4コマ漫画】 (3.25)

  • ニュース

“薄焼き 貝柱”、いただきます【猫のおやつを食べてみた!】 (3.24)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る