TOP>ニュース > 命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬

  • ニュース

命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬

猫に絶対与えてはいけない劇薬

人間の風邪薬やサプリメントに含まれている成分は、猫にとっては劇薬となるものもあります。

くれぐれも猫がおもちゃにして誤飲しないよう、置き場所に注意しましょう。

命に関わる!猫に絶対与えてはいけない劇薬

◎頭痛薬に含まれるアセトアミノフェン

頭痛薬や風邪薬の多くには、「アセトアミノフェン」という成分が含まれています。これ自体に毒性は無いのですが、肝臓で代謝されると毒性の強い成に変化するため、猫が誤飲すると赤血球が溶けだし、貧血を起こしてしまいます。この場合、血管の中の赤血球が尿の中に出てくるので、ワイン色の尿を排泄することも。貧血が進むと呼吸困難が起こり、命にかかわります。

猫と暮らしている場合は、薬箱は絶対に猫の手の届かないところに保管し、念のため薬のパッケージでこの成分が配合されていないものを選びましょう。また(そんな飼い主はめったにいないと思いますが)、猫が熱を出しているからと言って、人用の風邪薬は絶対に飲ませないこと!

◎サプリメントにもご注意を

α-リポ酸サプリメントはダイエットサプリメントとして人気ですが、猫にとっては非常に毒性が強く、場合によっては1粒食べただけで死に至ることもあるという、怖い成分。またα-リポ酸は猫の好む臭いがあるため、容器から出して置いておくと、自ら食べてしまう可能性もあります。

また、一般的な栄養素であるビタミンA、ビタミンDのサプリメントも、猫が誤飲し体内に蓄積されると過剰症になり健康を害する恐れがあります。ビタミンA過剰症として考えられるのは骨の変形・起立不能など。ビタミンD過剰症としては、軟組織へのミネラル沈着・高カルシウム血症・沈うつ・嘔吐・骨異常などがあります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る