TOP>ニュース > 猫たちが大暴れ!夜の運動会にまつわる3つのポイント

  • ニュース

猫たちが大暴れ!夜の運動会にまつわる3つのポイント

猫たちが大暴れ!夜の運動会にまつわる3つのポイント

我が家では、深夜から早朝にかけて、しばしば猫たちのテンションが120%に達し、みんなで大暴れしたり、駆け回るような事態が発生することがあります。

こうなると床に置いている水の入った皿やら、マットやスリッパやらがしっちゃかめっちゃかになってしまい、その後片付けに結構な手間がかかってしまうことも……。

もっとも、こういう事例は我が家だけに限ったことではなく、猫と暮らしている方にとってはおなじみの状況ですよね。

そして突然スタートする大暴れは、別にこの時間帯に限って起きるわけでもありません。今回は猫たちがしばしば開催する、“運動会”について焦点を当ててみたいと思います。

猫と暮らすと当たり前、でも一緒にいないと案外無縁な運動会

現在、日本でペットとして愛されている動物のツートップは、犬と猫ですが、近年ではその飼育頭数は、犬よりも猫の方が数で勝るようになってきました。

筆者の周囲にも、ここ数年で猫を飼い始めたという知り合いが数名いますが、そんな彼らが口を揃えて言うのが「猫があんなに活発に暴れるとは知らなかった」です。

要は、猫を長年飼っている人にとってはおなじみな習性である運動会も、普段ペットショップのケージに入っていたり、屋外で見かけるような猫を見る限りでは、なかなか目にする機会がないということなのでしょう。

猫需要はかなり高まってきましたが、意外とこの突然勃発する運動会の理由が分からずに、相談してくる新規猫愛好家もいます。

猫の運動会として想起できるのが、冒頭で触れた“夜の運動会”と、後はトイレハイでしょうか。
どちらも猫と暮らしていれば、確実に遭遇する状況ですよね。

我が家でも、このいずれかに起因する運動会が始まったときには「お、はじまったなぁ」とその行方を観戦することにしています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る