TOP>ニュース > 猫がおもちゃに飽きてしまった…そんな時に試したい裏技

  • ニュース

猫がおもちゃに飽きてしまった…そんな時に試したい裏技

猫がおもちゃに飽きてしまった…そんな時に試したい裏技

猫と暮らす上で大事なことの一つに、“退屈させない”が挙げられますよね。

特に、完全室内飼育の場合は、猫にとっても非常に安全で飼い主も安心できる反面、遊びに工夫をしなければ退屈を強いてしまいます。

いくらのんびりリラックスして過ごせる環境でも、遊び道具がないと退屈でしょうがないのは、人も猫も同じです。

だからこそ、おもちゃを用意してあげて、一緒に遊ぶ時間を設けることはとっても大事になります。

が、おもちゃをいくつか買って一緒に遊んでみても、すぐに飽きてしまう猫も少なくないんですよね。

猫によっては飽き性で、昨日まで夢中で遊んでいたおもちゃを、今日になったら全く気にも留めなくなるというケースも、しばしばあります。

しかし、そうなるたびに新しいおもちゃを買いあたえるというのも、経済的ではありません。

そこで今回は、なるべく猫が、現状手元にあるおもちゃに飽きないための活用法。そして一度飽きたおもちゃに再度興味を持ってもらう方法について、いくつか紹介したいと思います。

一度飽きられたおもちゃも、工夫してレストアしてみよう!

猫にとって、一度遊び飽きてしまったおもちゃというのは、なかなか食指が向かなくなるようで、たとえば猫じゃらしなんかにしても、飽き飽きしてしまうと飼い主が振ってみてもびくとも反応しません。

完全にそのおもちゃの魅力をしゃぶり尽くした、と彼らは考えているのでしょう。

が、だからと言って新しいおもちゃを買うのも手間がかかりますし、まだ使えるおもちゃを捨てるのも勿体ないことです。

こういう場合には、おもちゃにちょっと手を加えてみることをオススメします。

たとえば猫じゃらしの場合、先端に別の飾りを結びつけてみるのです。

猫って結構、こういうマイナーチェンジ程度のおもちゃの改造でも、「え? 何それ!」みたいな目をして飛びついて来ます。

我が家では、猫じゃらしの先端に、いくつか紐を結び付けただけの簡素なレストアを施しただけで、かなり猫たちの興味を引くことができたので、とても安上がりで助かっています……。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫の大半は「歯肉炎」を患っている!歯周病の4大サイン (8.14)

猫の歯
  • ニュース

Tシャツで「猫用抱っこ紐」手作りしてみた。テレワークのおひざ抱っこ対策にいかが? (8.14)

  • ニュース

猫が顔を洗うと雨。雨にまつわる動物の習性いろいろ! (8.14)

  • ニュース

ガブリエル 其の二 (8.14)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る