TOP>ニュース > 飼い主が亡くなったら、残された猫はどうなるの?

  • ニュース

飼い主が亡くなったら、残された猫はどうなるの?

飼い主が亡くなったら、残された猫はどうなるの?

猫と暮らすとなると、そのために色々な条件をクリアしなければなりませんよね。

まずは住居の問題。ペット可物件でなければ彼らをお迎えすることはできません。

次にお金の問題もあります。健康で長生きさせるためには、定期的な献身やペット保険の加入、体に良いフードをあたえるなどしなければならないため、お金は多いに越したことはありません。

さらに重要になってくるのが、飼い主になろうと考えている方自身の年齢です。

せっかく猫を迎え入れたのに、本人が老衰で亡くなってしまったら、残された猫は貰い手を捜さなくてはいけなくなります。

もしも新しい飼い主が見つからなかったら、保健所に行くこととなってしまいます。

そうならないための処置として仕方なく、高齢者、それから独身の方には譲渡条件を高く設定している愛護団体は少なくありません。

特に高齢者への譲渡となると敷居が高いものでしたが、ここ数年でこの状況に光明が見えてきました。

永年預かりで高齢者でも終生飼育を目指せるように!

各地で開催されている猫の譲渡会では、譲渡を希望する方の収入状況や家族構成を重視する団体が多く見て取れます。

これは、大事に保護してきた猫を安心して任せることができるかどうかの重要な確認事項なのですが、厳粛な規定を設けている団体もあるため、どうしても敷居が高いんですよね。

ですので「猫と暮らしたいけど、もう私も高齢だし、きっと断られるだろう」と考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

ただ近年では、高齢者でも、預かりという形であれば、本人が飼育を断念せざるを得ない状況になるまで猫を自宅で飼育する“永年預かり”というシステムを導入している愛護団体も各地に増えてきました。

この永年預かりシステムは、団体ごとのルール(たとえば猫は外に出さないなど)をしっかりと守ることができて、こまめな連絡が可能であれば、猫を自宅で飼育できるというもの。

永年預かりという言葉の通り、問題がなければ、預かった猫を最後まで飼育することも可能になっています。

団体が保護し、譲渡先を募っている猫の数は決して少なくありませんので、永年預かりはまさに団体にとっても、猫と暮らしたい高齢者にとっても良いシステムというわけですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫と自転車をコンセプトにしたデザイナーズ賃貸「feel CnB」 (4.15)

  • ニュース

ネットで注文した猫のおもちゃが小さすぎた件 (4.14)

  • ニュース

見事にピーン!ちょっとおかしな行動をするペット15選 (4.14)

  • ニュース

アナフィラキシーショックに注意!愛猫のワクチン接種時に気をつけたい副作用 (4.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る